投稿写真「息子の有蘭5カ月です」(淑子・36歳)

Baby&Kids

「ダメでしょ!」ばかりでは子どもは本音が言えなくなります

vol.373【1日1成長お母さん】怒る前に子どもの気持ちを受け止める“共感ママ”で幸せな毎日にしましょう

わかっているけれど、ついつい感情的に怒ってしまう

「ダメでしょ!」「どうしてそんなことばかり言うの?!」「何度言えばわかるの?」「違うでしょ!」普段子どもとの会話につい感情的になり、こんな言葉を言ってしまうことありませんか?怒ったところで言うことを聞かないこと、もしかしたら子どもを傷つけているかもしれないこと。わかってはいるけれど、子どもの理解できない行動や、思い通りに動いてくれないことに対してママもイライラしてしまいます。

行動力のある子に成長させるには、どんな行動も見守る勇気が大切なのです

行動力とは、小さな決断の繰り返し。行動も決断も自分の意思がともなうことが最低条件です。お母さんや周りの大人から言われて行動するのと、自分から進んでやりたいことに対して行動するのとでは、やる気や意欲が変わってきます。まずは子どものやりたいことに耳を傾け、見守る勇気を持ちましょう。

「ダメでしょ!」が口癖になっていませんか?「いいよ」で共感力を高めよう

行動力も決断力も元を辿れば、自分の行動に責任を持つことが大切。人から言われて行動することは人目を気にしての行動となり、自分の意思ではないため行動に対しての主体性や責任が伴わないのです。だからなんだかつまらない。失敗しても責任をとれないから決断も出来ない。そこでまずは「いいよ」と子どもの意見を受け入れるのです。すると子どもは「わかってもらえた!」と感じます。そこから条件をつければ、より一層親の意見も素直に聞き入れてくれるでしょう。

ママの愛情を伝える一番効果的な方法!それはスキンシップ

子どもの行動にイライラしたり「ダメでしょ!」と思わず言ってしまいそうになった時の必殺技はこれ。“ギュッと子どもを抱きしめる”それもたった7秒間だけでいいのです。お母さんの中の愛情ホルモンが分泌され、ママの愛情が子どもに伝わるでしょう。お母さんの愛情をたっぷりと受けた子どもは、素直で自己肯定感の高い子どもへと成長していくのです。

今日の1日1成長

「いいよ」で子どもの本音を引き出そう!
子どもの行動と決断力も1成長、ママの愛情を伝える力も1成長。
うえだ きょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!