投稿写真「息子の悠仁6カ月です」(麻佑里・28歳)

Baby&Kids

生後6カ月の子どもは急成長中。まるで日替わり定食のよう

Vol.381【1日1成長お母さん】一般論に左右されず赤ちゃんのペースを把握しよう

他人とは比較しないで!その子の成長を大切にしてあげましょう

生後半年になると自治体によっては検診が行われる地域もあるでしょう。お母さんとしては平均値を気にするかもしれませんが、小さく生まれた子でもその子が緩やかに大きくなっているのであれば心配はありません。一般的な授乳回数や睡眠時間、離乳食の数よりも、お母さんが赤ちゃんとどんな時間を過ごしているかが重要な時期です。もしスキンシップとコミュニケーションを数値化できるならば何点ですか?

一人一人のペースがあるから、頑張り過ぎないで

多くの赤ちゃんはこの頃から離乳食を始めますが、中には全く食べない子もいます。スプーンの感触が嫌だったり、お母さんでなければ嫌がったりする子もいます。兄弟でも様々です。せっかく意気込んで作ったのに、とお母さんはがっかりしてしまいますが、お母さんの焦りや不安は伝わってしまいます。"○○しなければ″を“まあいっか”に変えてみることで解決できます。

赤ちゃんと目線を同じにして、声を出して笑って大はしゃぎで遊んでみよう

生後6ヵ月にもなると赤ちゃんは寝返りやお座りを完成させていきます。そうでなければ不安になりますが、遊びながらお母さんが少し手助けしてあげるといいでしょう。寒い時期だと重ね着をしているので、動きにくいようなら薄着にしてみる。お母さんがゴロゴロしてみる。など特別なことをしなくても遊びながら楽しんでください。寝返りやお座りが完成していることよりも、この頃は聴覚や視覚が発達していますから、お母さんの動きや楽しそうな声を見聞きすることが大切です。

視覚に働きかける体験を積むために、手遊びや歌遊びをたくさんしましょう

人見知りが出てくる時期でもあります。人の顔を記憶することができるようになるからです。この時期は視覚が発達してくるため「いないいないばー!」の遊びも赤ちゃんは大好きです。またお散歩に出かけてたくさんの物を見てふれるのも大切です。おもちゃは、今までは与えられていたものから、何で遊ぼうかと自分で選び始めます。お気に入りの物が決まってくることもあるでしょう。

今日の1日1成長

子どもの成長は千差万別。上手に息抜きしながら一緒に思い切り遊びましょう
子どもの視覚も1成長、ママのアシスト1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!