投稿写真「娘の颯音7カ月です」(綾乃・28歳)

Baby&Kids

子どもの能力を伸ばすには褒める!に限る

vol.389【1日1成長お母さん】子どもの感情ではなく行動を褒めると、良い行動が繰り返される

しっかり叱るのは二つだけ。他は認めて、褒めて育てましょう

叱る、怒る、注意する、正す、褒める、認める…いったい何が違うのでしょう?子育てにおいて曖昧になってしまうのが、これらの似たような言葉。お母さんの感情が常に一定の状態ならこれらのことを整理し使い分けることもできますが、毎日の慌ただしい生活の中では難しいことも多いですね。でも実はとてもシンプルなのです。危険なこと、道徳に反したこと、不健康なことはしっかり叱ります。他は認め、褒めてあげましょう。

タイムリーに言葉に出して褒めると、望ましい行動が繰り返される

ご飯を残さず食べる、人に「おはよう」と挨拶する、使ったものを片づけるなど子どもが良い行動をした時に、すぐにその場で褒めてあげるのが重要です。いい行動が繰り返される秘訣はタイムリーに褒めてあげることです。行動科学には「60秒ルール」というものがあり「人は行動してから60秒以内に褒められるとまたその行動を繰り返すようになる」という実験結果があります。

評価を与える言葉を多用すると結果ばかり気にする子どもになってしまいます

褒める言葉としてよく使われるのが「偉いわね」「すごいね」「いい子ね」と言ったものが挙げられます。でもこれらは子どもに評価を与えていることになります。逆に○○しなかったら偉くないの?いい子じゃなければ悪い子なの?とお母さんの評価ばかり気にしてしまう子になってしまいます。これでは評価を気にして行動を起こすようになってしまい、自然な行動とは言えません。

お母さんが感じたことを伝えることが子どもの心に響く褒め言葉です

キッズコーチングではアイメッセージという表現があります。お母さんが感じたことを言葉にします。「挨拶の声が大きくて気持ちがいいわ」「片付いてすっきりしたわ」などと実況中継のようにそのままを伝えることで評価を与えず褒め言葉となります。また完全にできていなくても「昨日よりも声が大きかったわ」「今日の片付けは速かったわね」などと変化や気づいたことを言葉にすることも褒め言葉となります。

今日の1日1成長

望ましい行動はその場で褒めてあげることで繰り返します
子どもの行動も1成長、ママの褒め力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!