Baby&Kids

正しい叱り方って?行動を具体的に指摘しよう

vol.395【1日1成長お母さん】叱る時も褒める時も正しい行動を具体的に指摘しよう

禁止語と指示語。意外と多い曖昧な表現は子どもに伝わっていません

お母さんたちに「日頃の口癖を10個書き出してください」と尋ねたら「ちゃんと!」「早く!」「ダメ!」「だから言ったでしょ」「それ違う!」などが挙げられました。これらを板書した途端「どこの家庭も同じね」「気持ちがわかる」「それ言っちゃうわ」という声があがりました。こうして文字に起こしてみると禁止語や否定語、曖昧な表現が多いことに気づきますね。

叱るときは、お母さんの感情を切り離して、行動を的確にしてきしましょう

ついつい発する言葉は無意識のことが多いものです。それでも子どもに伝わっているならいいのですが、実は子どもには正しく届いていないことが多くあります。何度言っても行動が改善しないのはそのためですね。「ちゃんと」とはどのくらいなの?「いい加減にしなさい」とはどこまでならいいの?という疑問が浮かんでしまいます。子どもにはより具体的な行動を示さないと、正しい行動へと導くことはできません。

“1回叱ったら、4回褒める”望ましい行動を増やすことが大切

子どもへのしつけで“叱る”ことも必要です。間違った行動をした時には「それは違うよ」と教えて、正してあげなければいけません。叱る時も褒める時も“行動”について具体的に。「車道では遊ばない。家の裏が安全よ」「手を洗わずお菓子を食べるのはバイ菌だらけ。手洗いが先よ」褒める時は「真っ先に洗面所に行ったわね」「いい遊び場を見つけたわね」と少しの善い行動をすかさず言葉に出して褒めてあげましょう。

叱るポイントは行動に着目した内容を! 人格否定はぜったいにNG!

「ほんとダメな子ね」「Mちゃんはできるのにあなたはできないわ」このような言葉は子どもにとって残酷で、心に刺さる矢のようです。このように行動を指摘するのではなく、人格否定するような言葉は子どもの行動を改善するものではありません。こうした言葉が続くと無気力になったり、絶望感を抱いたりするのです。お母さんの少しの工夫で子どもに変化がみられるか、自信を失わせるか差が出るのです。叱る時はポイントをしっかり押さえましょう。

今日の1日1成長

人格否定での注意や指摘ではなく、行動そのものを指摘するしつけを心がけよう
子どもの変化も1成長、ママの言葉選びも1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!