Baby&Kids

「失敗しても大丈夫」は禁句です。「出来なくて悔しいね」と共感しよう

vol.404【1日1成長お母さん】普段の力を発揮させたければ「楽しんでね」と励まそう

本番で練習結果が発揮できないのは努力が足りないからではありません

いざとなると思うように発揮出来ない。力不足でも努力が足りないわけでもありません。本番が近づき緊張感が高まるのは子どもも大人もあること。そんな時、緊張をほぐそうとして「失敗したって大丈夫」なんて言葉をかけないで下さいね。子どもは子どもなりに完成をイメージしてやり遂げたいと思っています。

普段の力を発揮させるには「頑張ってね!」を「楽しんでね」に変えてみよう

子どもはお母さんの気持ちを察しとる天才です。お母さんが「失敗しないかしら」と不安に思えば、それを鋭くキャッチして「失敗したらどうしよう?」と不安になるのです。だからこそ、お母さんが「楽しんでね」と声をかけてください。きっと「今日は楽しめたよ」と笑顔で報告してくれるはずです。

「失敗しても大丈夫」は禁句です。「出来なくて悔しいね」と共感しよう

お母さんが「楽しんでね」と声かけても、時には「うまく出来なかった・・・」と浮かない顔で報告してくる時もあります。そんなときは「失敗しても大丈夫」なんて励まさないでくださいね。子どもなりに目指す理想像があって納得してないのです。そんなときは「うまく出来なかったのね」と気持ちを受け止めてあげてください。「もっと○○すればよかった・・・」と、想いを語ってくれます。すでに改善策がわかっている証拠ですね。次はきっと成果を出してくれるでしょう。

お母さんが「きっとできる!」と信じれば子どもも自分を信じることができる

お母さんが「この子ならできる!」と信じている思いが子どもに届きます。お母さんはどんな時も結果にこだわらず、頑張りを認めどんな時でも「きっとできる」と我が子を信じましょう。お母さんが子どもを信じれば、子どもも自分を信じることができるようになります。

今日の1日1成長

お母さんが子どもを信じれば、子どもも自分を信じるようになる
子どもの自信も1成長、ママの信じる勇気も1成長。
國枝愛実(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!