Baby&Kids

親子の豊かな会話は、子どもに関心を示すことから始まる

vol.407【1日1成長お母さん】家にいない時間が多いお父さん、会話をしようと質問ぜめは逆効果

家にいない時間が多いお父さん、子どもと会話をしようと質問ぜめは逆効果

お父さんとお子さんの関係はうまく行っていますか?お父さんはお母さんに比べて比較的子どもといる時間は短いもの。だからとにかく子どもと仲良くしたいけど、いざとなるとどんな会話をしていいのかわからない。「今日、学校どうだった?」「勉強はどうだ?」「友だちはできたか?」いろいろ聞いてみるものの、子どもからは「わからない・・・」「別に・・・」などとそっけない答えが。子どもは急に聞かれても、突然すぎて答えられないのです。

親子の豊かな会話は、子どもに関心を示すことから始まる

親子の会話を続けたければ、まずお父さんが子どもに関心を示すこと。お父さんは子どもと顔を合わせたときに、とにかく子どもについて気づいたことを口にしてみましょう。「ずいぶん洋服が汚れているな」「さっき友だちとサッカーして転んじゃった」「サッカーしているのか?」「そうだよ。○○くんと毎日やっているんだよ」これなら、会話がどんどんつながっていきますよね。

アクノリッジで会話の糸口を見つけよう

ポイントは、感じたままを伝えること。ほめるのではなく、いつもとは違う変化について感じたことを率直に言葉にする〝アクノリッジ(承認)〞がおすすめです。これは、子どもに「いつも気にかけているよ」というメッセージを送ることになります。お父さんが関心を示すと、子どもは「パパは僕に関心があるんだ」「いつも応援してくれているんだ」と感じます。まずは気づいたところから、どんどん伝えて会話の糸口を見つけましょう。お父さん自身の会話力もぐんと伸びるはずです。

子どもにとって結果が伴わなくても、全てが大切な学びです

またお父さんは「それで、どうした?」「だから何?」という言い方をよくすると思いませんか?そう、お父さんは、結果を重視するのです。けれども子どもにとって、今目の前にあることを一生懸命することこそ学びなのです。ですからお父さんは子どもがコツコツと頑張っていても、結果に反映されなければ、それを認めないことがありますので、ふだんどう頑張っているか、その過程のよさを理解してあげる必要があります。

今日の1日1成長

よりよいコミュニケーションは、相手に関心を示すことから生まれます
子どもの会話力も1成長、お父さんの承認力も1成長。
竹内エリカ(文)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!