Baby&Kids

「ダメ!」というお母さんに育てられた「イヤ!」という子ども

vol.408【1日1成長お母さん】6歳までに習得する言語数は約3万6千語。たくさんの言葉を教えよう

0歳は話せないからこそ話しかけるチャンス

赤ちゃんは話ができないから話しても無駄だなんて思わないでくださいね。話しはじめたら子どもは一方的に「もうだまって!」と言いたくなる程話しかけてきますから、話せないからこそ話すチャンスです。言葉というのは、「入ってくる言葉」と「出ていく言葉」があります。「たくさん喋る=言葉をたくさん知っている」わけではなくて、知っていてもしゃべらない期間があるのです。だからこの時期は入れてあげることが重要です。

現代の6歳児は1万6千語も語彙が少ない

6歳までに習得する言語数は約3万6千語と言われています。けれども現代では2万語程度の語彙しか使っていないと言われています。その中でも語彙力に差がでるのは形容詞なのです。形容詞って国語の時間に習った記憶がありますね。「かわいい」「キレイ」「赤い」「丸い」など視覚による情報をはじめ、「寒い」「気持ちいい」などの触覚、「おいしい」などの味覚、「くさい」などの嗅覚、「うるさい」などの聴覚から感じる言葉です。

自分の心がどう感じているかを理解できると、心の安定した子になる

これらの言葉はすべて感性を表しています。その中でも一番大切なのは「心」を表す形容詞。「うれしい」「楽しい」「悔しい」「悲しい」「もどかしい」などですね。心を表す形容詞をたくさん知っている子は心が安定します。大人でも子どもでもイライラしたり寂しく感じたりするのは自分の気持ちを分かってもらえない時。自分の気持ちを表現し伝えることができると心が安定するのです。

お母さんが「ダメ!」というと、子どもは「イヤ!」というようになる

やっと言葉を話せるようになったかと思うと今度は「イヤ!」と連呼するようになります。お母さんをイラッとさせるその「イヤ」には実は本当はもっと複雑な感情が含まれているのです。「ちょっと不安だ…」「怖いな」「自信がないな」など。お母さんも一緒です。わがままをいう我が子に「ダメ!」と言いたくなりますが、本当は「わがまま言わないで」「困らせないで」「少しだけ静かにして」など様々な感情があるはず。親子で言葉のキャッチボールを意識してみてくださいね。

今日の1日1成長

形容詞をつかって豊かな表現力を育もう
子どもの表現力も1成長、お母さんの会話力も1成長。
竹内エリカ(文)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!