Baby&Kids

好きな人と一緒にいたいのは大人も赤ちゃんも一緒

vol.410【1日1成長お母さん】充分なアタッチメントで親子の絆を深めよう

親子の絆を深めるアタッチメント

赤ちゃんの時期に最も重要でそして大人になってからも心の状態に影響を及ぼすと言われているのがアタッチメントです。アタッチメント(attachment)とはイギリスの児童精神医学者ジョン・ボウルビー(John Bowlby)が1960年に提唱した「アタッチメント理論(愛着理論)」によるもので、特に生後1年の間、少なくとも3年間に母親もしくは母親に代わる人からの絆の大切さをうたっています。

好きな人と一緒にいたいのは大人も赤ちゃんも一緒

アタッチメントは恋愛関係にもみられると言われています。好きな人とは一緒にいたいですね。好きな人に振り向いて欲しいですね。好きな人がいなくなると不安ですね。赤ちゃんの心理もまったく一緒です。常に一緒にいると安心するので抱きしめて欲しいのです。振り向いて欲しいので泣くのです。見えなくなると不安になるのです。

アタッチメントに必要な語りかけとスキンシップ

赤ちゃんとの絆を深めるにはこうした不安を解消してあげなくてはいけません。“一緒にいるよ”と安心してもらうために十分なスキンシップをとり抱きしめてあげてください。そして“いつも気にかけてるよ”と示すために優しく話かけましょう。また、もう1歳過ぎちゃったけれどスキンシップが足りてないかもと思うお母さんも今からでも大丈夫です。もう一度赤ちゃんの時のように抱きしめてあげてください。

親子の絆を深めたければベビーカーよりも抱っこ、ベビーマッサージも効果的

特に肌と肌がふれ合うようにさわる。おっぱいをあげる。沐浴でなく一緒にお風呂に入る。寝る時に背中をトントンと、服の上からではなく直接さわってあげるなど十分なスキンシップを意識してください。お母さんはちょっと大変ですが、ベビーカーよりは抱っこやおんぶの方がいいですね。ベビーマッサージもいいですね。それでもやはり保育園に小さい時から預けていることに心配なお母さんは、一緒にいる時間には、意識的にスキンシップを増やしてあげてくださいね。

今日の1日1成長

語りかけとスキンシップで世の中は安全だと教えよう
子どもの自信も1成長、お母さんの包容力も1成長。
竹内エリカ(文)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!