Baby&Kids

もう怒らなくていい!子どもの生活習慣はコツを知るとできてくる

vol.415【1日1成長お母さん】良い生活習慣はやる気やモチベーションではなく“行動”に着目する

出来ない理由は2つだけ。方法がわからない、そしてハードルが高すぎる

子どもにはのんびりな子もいれば、活発な子もいます。大人の話をよく聞く子もいれば、自分の世界に入り込むと周りが見えない子もいます。色んなタイプの子がいますが、何度言っても出来ない、または生活習慣が身につかないのには理由があります。それは “方法を知らない”だけなのです。毎日叱ったり注意ばかりで一向に変化しないならば“方法”を教えてあげましょう

生活習慣を身につけせるには“やる気”ではなく“行動”に着目する

お母さんは「自分でやろうと思う気持ちさえあれば、どんなことでも続くはず」「自主的にやる気を出す、努力を継続できる子になってほしい」と願うでしょう。でもこの“やる気”というのが少々厄介なのです。人は心の中から“やる気”が自然と湧き上がってくるということは残念ながらありません。“できた”“わかった”という成功体験やよい行動の積み重ねから生まれます。逆を言えば“できない”は悪い行動の積み重ねから生まれます。

タイプもやる気も関係なく、必要なのはよい結果と行動を体験すること

例えば「絵本が床にたくさんある」という悪い習慣は「絵本を読んだらその場に置いておく」という悪い行動の結果です。その悪い行動を「本を読んだら棚に戻す」という良い行動に変えれば「本が棚に片付き、床に物がない」という良い結果が得られます。どんな子も「きれいにしなきゃ!」というやる気が心の中になくても「読んだら元の場所に戻す」という一連の流れで知っていれば、やがて習慣となります。お母さんの役割は多くの絵本を読ませることだけでなく、出したら戻すことを教えることです。

“行動”に着目し正しい評価を伝えれば良い習慣が身につく

お母さんが子どもを評価する時に“結果”に着目することが多いです。「片づけてえらいね」「25メートル泳いですごいね」「ご飯を全部食べたね」そうなると評価してもらえるのは優秀な子や要領がいい子ばかりです。頑張って正しい努力をしていても結果が得られない子は評価されないことになります。これでは子どもの心は満たされずやる気が失せてしまいます。「棚に戻そうとしているのね」「箸の持ち方が上手になっているわ」などと行動や経過に着目して常に言葉に出すことで、良い行動や努力が継続していきます。

今日の1日1成長

しつけや良い行動の継続には、正しい教えと正しい評価を投げかけることが重要
子どもの良い行動も1成長、お母さんの言葉かけも1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!