Baby&Kids

お母さんの言うことを聞きたくなっちゃうリピート法!

vol.446【1日1成長お母さん】言い聞かせようと頑張るよりも行動に移せる言葉がけを

思い通りにならないと泣く子ども、思い通りにいかない我が子へのイライラ

思い通りにいかないのが子育て。そんなことわかってはいるけれど我が子へのイライラは募るばかり。特に魔の2歳児といわれる時期の子どもの感情は、山の天気のようにころころと変わります。今までご機嫌で遊んでいたと思ったら急におもちゃを投げ出して大声で泣きわめく、理由を聞いても、どうしたいのかを聞いてみてもお手上げ状態です。

2歳は感情を受け止めてイライラを落ち着かせてあげましょう

2歳の時期はだんだんと知恵もついてくる時期、子ども自身が「やりたいと思っていること」と、実際に「できること」が違うため、そのギャップからイライラしたり、かんしゃくを起こしやすい時期なのです。2歳半になるK君は積み木遊びが大好き。積み上げては崩したりと、いつも楽しそうに遊んでいました。しかし思うように積めなかったり、途中で崩れてしまうことにいつもイライラし「できない!」と積み木を投げつけて泣き叫ぶことにお母さんも手を焼いていました。

子どもの気持ちを落ち着かせる魔法のリピート法

K君のように思い通りにいかないことにかんしゃくを起こしたとき、お母さんは子どもを落ち着かせようと、一緒にやってみたり、気持ちを聞いてみたりときっと必死ですよね。K君のお母さんも必死に落ち着かせようと、別のおもちゃを出してみたり、一緒に遊んでみたりと試行錯誤です。子どもの一度ヒートアップした感情は、なかなかおさまらないもの。そんな時に効果的な対応としてリピート法があげられます。

子どもの言葉を繰り返し、落ち着いた後に提案をする

リピート法とは、子どもが言ったことをそのまま繰り返す方法です。K君が泣き叫ぶのは、積み木をうまく積めずに崩れてしまい「できない」からですね。そんな時はできない悔しい気持ちを受け止めるために「できないのね」と、一度K君の言葉をリピートし受け止めてあげましょう。そのあとで「お母さんと一緒にやってみましょう」「場所を変えてみようか」など解決策やうまくいく方法を提案してみるのです。

今日の1日1成長

子どものヒートアップした感情は、リピート法で落ち着かせよう
子どもの落ち着きも1成長、お母さんの受け止め力も1成長。
うえだ きょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!