Baby&Kids

「パジャマぐらいたたんで!」しつけに効果的なスモールステップ

vol.458【1日1成長お母さん】片付けなさい!たたみなさい!しつけは視覚からの情報が効果的です

何度言ったらわかるの?パジャマは脱いだらたたむのよ!

この春小学校に入学したKちゃんのお母さんは、最近子どものしつけに悩んでいました。Kちゃんに脱いだものはたたむこと、食べたものはお片付けすること、出したおもちゃは自分でしまうこと。何度も何度も言い聞かせているのになかなかできるようになりません。小学1年生なのだから身の回りのことができるようにしなければと、お母さんはKちゃんのことを思い毎日一生懸命でした。

子どもの理解力は9割が視覚からの情報なのです

ノンバーバルコミュニケーションという言葉をご存知ですか?コミュニケーションの方法には「言葉」によるものと「動作」によるものがあります。「言葉」によるものをバーバルコミュニケーション、「動作」によるものをノンバーバルコミュニケーションといいます。コミュニケーションによって相手から受け取る情報の9割がノンバーバル「動作」によるものだといわれます。

「あれしなさい!」「これしなさい!」言葉だけでは理解できないのです

「ちゃんとパジャマをたたみなさい!」「きれいにお片付けをしておきなさい!」Kちゃんはお母さんからの言葉に「はーい!」とお返事をしていました。パジャマをたたむことも、お片付けをすることも返事はするものの、実はどうやってしたらいいのかやり方がわからずにいたのです。大人にとってパジャマをたたむこと、お片付けすることは、どちらも経験から理解できますが、子どもにとっては目で見てこうするという明確な答えがなければ行動に移せないのです。

どんな子どもも確実に「できた!」につながるスモールステップ

子どもが自ら行動したくなることは「楽しい!」と感じることです。「できた!」の体験が楽しい気持ちを引き出し、行動力へと繋がります。パジャマをたたむ、おもちゃを片付けるなど日常的な動作もすべて、小さな「できた」を積み重ねることで楽しくできるようになるのです。コツは必ずできる一歩を繰り返すこと。パジャマをたたむ動作もまずは、パジャマをきれいに広げることからスタートし、右袖を折る、左袖を折るなど動作を一つずつステップにしていくことで達成感を得られるのです。Kちゃんもスモールステップで楽しくお片付けができることでしょう。

今日の1日1成長

子どものしつけはわかりやすく必ずできる一歩を繰り返すこと。
子どもの達成感も1成長、お母さんのステップを登らせる力も1成長。
うえだきょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!