Baby&Kids

「がんばって!」は逆効果。何も言わずに見守ることの大切さ

vol.463【1日1成長お母さん】応援されてがんばれる子もいれば、プレッシャーになる子もいます

気の弱い我が子を強くしたいのに「がんばれ!」が届かない

Hちゃんは恥ずかしがり屋で引っ込み思案。いつもお母さんの陰に隠れて幼稚園の先生ともお友だちともなかなかお話ができませんでした。そんなHちゃんにお母さんの不安は大きくなるばかり。「どうしたら挨拶ができるのかしら?」「どうしたらもっと積極的になれるのかしら?」お母さんはHちゃんと一緒に挨拶をしてみたり、お友だちの輪に入り一緒に遊んでみたり試行錯誤。「がんばって!」と背中を押すも状態はひどくなるばかりでした。

個性を理解すると子どもの行動は変わりだす

「子どもの個性を大切にしよう!」最近ではよくこんな言葉を耳にします。でも個性を大切にってどうしたらいいのでしょうか。キッズコーチングでは持って生まれた性格を個性、気質としてわかりやすくタイプ分けをしています。恥ずかしがり屋で引っ込み思案なHちゃんの性格、実は“気質”だったのです。積極的な性格に変える必要などないのです。子どもには「がんばって!」と言われてがんばれる気質がある一方、プレッシャーに感じる気質もあるのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]