Baby&Kids

お母さんが子どもを信じれば、子どもは能力を伸ばします

vol.478【1日1成長お母さん】子どものことを信じて「あなたならできるわ」と声を掛けよう

お母さんが「この子なら必ずできるわ」と信じれば成功する可能性が上がる

お母さんであれば子どもに能力を伸ばしてほしい、目標や夢を実現してほしいと願いますね。そこで子どもが何かに挑戦し成功する可能性を上げるためにお母さんが簡単にできる方法があります。それはお母さんが「この子なら必ずできるわ」と信じ「あなたならできるわ」と子どもに声を掛けることです。これを教育心理学で「ピグマリオン効果」、または「教師期待効果」といいます。

お母さんから期待された子どもは意欲が引き出されて成績が向上する

ピグマリオン効果はとは「人は他者に期待されるほど意欲が引き出されて成績が向上する」という教育心理学の法則です。それは勉強のみならず、運動などでも同じ効果が現れます。子どもが逆上がりに挑戦しているときに、お母さんが子どもを信じて「あなたならできるから、毎日練習してごらん」と声を掛けます。そして子ども自身も「私ならできる」と信じて練習をすると、できるようになる確率が上がるのです。

「できない」を口に出してしまうと、目標達成率が下がってしまう

これとは逆の現象を「ゴーレム効果」といいます。お母さんが「この子にはできないかもしれない」と思えば、子どもが目標を達成する可能性が下がるのです。また「できないかもしれないけど、やってみたら?」という声の掛け方をしてしまうのは、子どもに「あなたはできない」という暗示をかけているようなものです。不安に思うことを口に出してしまうのは、目標達成率を下げることに繋がります。

大人になっても自分を信じてチャレンジし、成功する可能性が高まる

子どもと毎日一緒にいるお母さんがいつも子どもを信じ「あなたならできるわ」と声を掛け続けると、子どもは安心してどんなことにでも能力を伸ばしていきます。逆に「あなたはなにをやってもだめね」なんて声を掛けられ続けると不安と緊張で、自分の力を発揮できなくなってしまいます。お母さんにいつも信じて応援してもらえた子どもは大人になって自立してからも自分を信じて様々なことにチャレンジし、成功する可能性が高くなります。

今日の1日1成長

いつも子どもを信じて「あなたならできるわ」とプラスの声掛けをしよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
田中京子(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!