Baby&Kids

出したらしまう。当たり前のことができないのはどうして?

vol.479【1日1成長お母さん】最初から片付けられる子はいない。ゲーム感覚で楽しもう

快い返事は聞こえているだけ。返事をしたことと即実行できることは別問題

「片付けしなさい!」「はーい」そんな元気のいい返事をくれたのに、ふと見るとおもちゃで遊んでいる子ども。「片付けしなさいって!」「はーい」しばらくすると今度は絵本をじっくり読んでいます。片付け?ええ、もちろん終わっていません。言われたことなどすっかり忘れた子どもは、次から次へと楽しみを見つけ、夢中で遊んでいます。片付かない部屋の前でため息をつきたくなった経験、お母さんならあるのではないでしょうか。

すぐ忘れるのは発達の問題。言うことを聞かない悪い子ではありません

「うちの子、私の言うことを聞く気が全くないのよね」と愚痴りたくなるかもしれませんが、そうではありません。実はこれには理由があります。子どもはワーキングメモリーという短期記憶が未発達なため、新しい興味や刺激を受けるとその前のことを忘れてしまうのです。わざと行動に移さないのではないのです。子どもの興味へのスピードは大人が思うよりも速いのです。

忘れたことを叱るより片付けやすい工夫を!ゲーム感覚で楽しもう

「捨ててしまうわよ!」と言う必要はありません。やっぱり片付けもできるように教えていかなければいけません。そんな時は「何するんだっけ?お母さん何て言ったかな?」と思い出させてあげましょう。そして片付けが楽しいと思えるようにするのもおすすめです。タイムを計ってお母さんと競争するなど、ゲーム感覚で教えるのも効果的です。

自分で出したものは自分で片付ける。取り上げずに最後までやらせよう

ここで大切なことは、必ず子どもに最後までやらせることです。途中で諦めてお母さんがやってしまうと、放っておいたらお母さんがしてくれるという意識が育ちます。多少手伝ってあげながら、最後まで取り組むことを教えましょう。出したらしまう。当たり前のことですが、最初からできる子はいません。片付いた部屋は気持ちいいと分かれば、習慣づけの助けになるでしょう。根気よく取り組みましょう。

今日の1日1成長

子どもの片付けはリマインドとゲーム感覚で、一緒に最後まで楽しもう!
子どものやり抜く力も1成長、お母さんの提案力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!