Baby&Kids

宿題を「自分からやる!」に変える魔法の言葉って?

vol.501【1日1成長お母さん】オープンクエスチョンで子どものやる気と行動力がアップします

「宿題やったの?」「早くやりなさい!」と毎日日課のように叫んでしまう

小学校2年生になったY君。毎日遊ぶことに夢中で、学校から帰りランドセルを置くなりあっという間にお友だちと遊びに出かけてしまいます。お母さんは、毎日、日課のように「宿題やったの?」「やってから遊びなさい!」怒鳴ってばかりです。そしてY君はといえば、夜遅くから宿題に追われる毎日。「ほらみなさい!」「早く済ませればこんなに慌てなくていいのよ!」お母さんは頭を抱えてしまいます。

お母さんの質問の仕方で子どものやる気と行動のスイッチが入ります

「宿題やったの?」お母さんがよく言いがちなこの質問。キッズコーチングではこれをクローズドクエスチョンといいます。答えをYESかNOで要求する質問です。「宿題やったよ」「宿題やってないよ」どちらかしか答えられません。これは事実を明確にできるというメリットがある一方で、子どもは「やったの?やっていないの?」と責められているように感じてしまうこともあります。

子どものやる気アップと思わず行動に移すには「オープンクエスチョン」

クローズドクエスチョンに対して、オープンクエスチョンとは、子どもが自由に答えを決められる質問のことをいいます。例えば「宿題はいつやるの?」この「いつやるの?」の問いかけに子どもは「いつやろう?」一旦考えるのです。「お友だちと遊んでからやる」「テレビを観てからやる」などいつやるのかを自分で考え約束することで、自分で決めたことに対し行動をするという気持ちにさせるのです。

大切なのは自分の意思で行動すること。これが「自立」の始まりです

Y君のお母さんはいつもの「クローズドクエスチョン」から「オープンクエスチョン」に変えて会話をしてみました。「今日も遊びに行くのね。宿題はいつするの?」そんな問いにY君は「帰ってきたらやるよ」そんな答えが返ってくるようになりました。「帰ってからはいつやる?」更に質問を具体化していくことで「ご飯の前にやる」「5時からやる」など答えも具体的になってくることでしょう。すると一歩が踏み出しやすく行動に繋がります。お母さんが質問をすることで、子ども自身が決めることができ、自らの意思で行動することがY君の自信となり自立した子どもへと成長していくのです。

今日の1日1成長

自立した子どもに成長させるにはオープンクエスチョンで質問をしよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
うえだきょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!