Baby&Kids

ベビーサインで語彙力を伸ばそう!

vol.506【1日1成長お母さん】不機嫌そうに「キャーー!!」と叫ぶのは伝えたいことがあるから

育てやすかった赤ちゃんが1歳頃になると大声で叫びだすことがあります

0歳の時はしっかり寝てあまりぐずることもなく穏やかで育てやすいタイプの赤ちゃんが、1歳頃になると大声で「キャーー!」と叫んだりすることがあります。お母さんはびっくりしてしまいますね。家の中でならまだしも、電車の中など公共の場では周囲の人の視線も気になります。急いで子どもの口を押えてしまうなんてこともあるでしょう。出かけることにためらいを持ってしまうこともあるかもしれません。

不機嫌そうに叫んでいる場合は、言葉で上手く伝えられずに訴えている

子どもが「キャーー!」と叫んだときに、その表情を観察してみてください。ニコニコしているようであれば、自分の声を聞いて楽しんでいることもあります。または叫ぶことによってお母さんのびっくりする反応を面白がって見ているという、いたずら心のある子どももいます。それとは逆に不機嫌そうにしている場合は、何かを伝えたいけどまだ上手く言葉で伝えることができずに叫ぶことで伝えようとしているのです。

ひとりで機嫌よく過ごせる子どもは、言葉の習得がゆっくりになることも

穏やかなタイプの子どもは、0歳の頃から長い時間ひとりで機嫌よく過ごすことができます。睡眠時間も長めな傾向にあるため、大人から話しかけられる回数が少なくなってしまうかもしれません。その結果少し言葉の習得がゆっくりになる場合があります。自分の考えていることをお母さんにうまく伝えられず、それでも伝えたくて「キャー―!」と叫ぶのです。全力で「お母さん分かって!」と訴えているのです。

ベビーサインを使って、コミュニケーションをとる喜びを体験させてあげよう

言葉の習得には個人差が大きく、ゆっくりと感じる場合でもあまり気にしすぎる必要はありません。しかし子どもにとって自分の思いを伝えられないことは、ストレスになることもあります。その場合は、ベビーサインがお勧めです。ベビーサインとは、子どもとお母さんがジェスチャーで思いを伝え合う方法です。ベビーサインを覚えた子どもはコミュニケーションをとる喜びを知り、言葉の習得も加速し語彙力が伸びると言われています。

今日の1日1成長

思いが伝えられずに叫んでいるのなら、ベビーサインを活用してみよう
子どもの伝達力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
田中京子(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!