Baby&Kids

感情のコントロールができる子にするために、外遊びしよう!

vol.511【1日1成長お母さん】心のコントロールができる子に育てるなら、体をコントロールできる子にしよう!

大人にとって「手がかかる」と感じる子どもは感情のコントロールが苦手な子

子育てにおいて「育てやすい」「育てにくい」そう感じるのは、子どもの睡眠と機嫌が関係しているといわれています。「機嫌がよく、よく眠る子」は育てやすいと感じますし「機嫌が悪く、あまり寝ない子」は育てにくいと感じる傾向があります。では「手のかかる子」「手のかからない子」の違いはどうでしょうか?それは感情のコントロールができるかどうかが関係しているのです。

体をコントロールする遊びで感情のコントロールができるようになる

子どもの心の発達と体の発達、実は非常に密接な関係にあります。例えば落ち着きのない子どもには指回しをさせたり、指を使った遊びをさせること。そして平均台を歩かせることで集中できるようになります。また、大きな声が出せない子どもは過緊張の傾向もあり、トランポリン遊びなどで体幹を使わせると、大きな声が出せるようになる。このように心と体の発達は密接に関係しているのです。

「ジャンプ!ケンケン!リズム歩き!」体をコントロールするための遊び

身体コントロールのできる子どもは運動能力も高くなる。自分の体を自由に思い通りに動かせると、自分の行動にも自信を持てるようになるため心身ともにバランスのいい子に成長します。そのための遊びとして調整運動といわれる動きを取り入れて体を動かしましょう。ジャンプ、ケンケン、リズムに合わせて歩くなど自分の体を操作する動きでコントロールができるようになるのです。

小さなころからの外遊びが心と体の成長にはとても大切なのです

外遊び、室内遊び、子どもにとってはもちろんどちらも楽しい時間ですね。子どもの発育と発達から見た遊び方として、外遊びは運動能力を高める、行動力を促すなど、とても良い面がたくさんあります。他にも体を使うこと以外の良さもあり、風を感じる、匂い、肌ざわりなど五感への刺激は脳の発達にとっても重要。お天気のいい日にはぜひ外遊びを通して、心も体も元気な子どもへと成長させましょう。

今日の1日1成長

ジャンプ!ケンケン!リズム歩き!で感情のコントロールができる子に
子どもの心と体のコントロール力も1成長、お母さんの遊ばせる力も1成長。
うえだきょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!