Baby&Kids

賢い子を育てるためには“かきくけこ”を駆使した質問が良い!?

vol.512【1日1成長お母さん】指示よりも質問を出して子どもが賢くなる機会を作りましょう

本当に賢い子は、単にお母さんの指示を聞き入れる子ではありません

お母さんが子どもに「~しなさい」と指示を出し、言うことをきく子どもはとても育てやすく“賢い子”と思われるかもしれません。お母さんは子どもよりも人生経験豊富。何か問題が起きた時、もしくは問題が起きる前に「~しなさい」と教えてあげることで、子どもが問題を乗り越え、事前に回避できる可能性が高まります。しかし、本当に賢い子というのは、単にお母さんの指示を聞き入れる子ではありません。

指示を出されることに慣れると “考えない子”になってしまうかも!?

いつもお母さんに指示を出してもらうのは、子どもにとって楽なことです。自分で考えなくても失敗するリスクが避けられるからです。子どもが失敗する姿を見なくていいということは、お母さんにとっても楽なことです。しかし子どもは“賢い子”ではなく”考えない子”になってしまうこともあります。例えば小学生でも雨が降っている日に「傘持っていった方がいいの?」なんて聞いてくるようなこともあります。

お母さんに出してほしいのは指示ではなく“かきくけこ”を駆使した質問

賢い子とは生きていく力を身に付けた子どもです。そんな子を育てるため、お母さんに出してほしいのは指示ではなく“かきくけこ”を駆使した質問です。最初の“か”は考える子。考える子になるためには「あなたはどう思う?」「どうしたらいいかな?」と質問をすれば良いのです。考えることは生きていく力を身に付ける最初の一歩。「傘持っていった方がいいの?」という子どもからの問いに対しても、この質問で返せば良いでしょう。

質問法で生きていく力を身に付けた本当の賢い子を育てることができる

“き”は企画する子。「いつやる?」「誰とする?」などの質問が子どもに企画する機会を与えます。“く”は工夫する子。「もっと~するにはどうしたらいい?」と聞くと良いでしょう。“け”は計画する子。そのための質問は「いつ~する?」などです。そして “こ”は行動する子。「まずはいつ~する?」と聞いて子どもに行動力を促しましょう。この5つを活用した質問法で生きていく力を身に付けた本当の賢い子を育てることができます。

今日の1日1成長

子どもに生きていく力を身に付けさせるためには、指示よりも質問をしよう
子どもの思考力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
田中京子(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!