Baby&Kids

毎日実践したい「7秒抱っこ」!

vol.514【1日1成長お母さん】大事なのは幸せな気持ちで触れ合うこと。自分たちの形を見つけて

抱きしめることで安心を与えられる。スキンシップは愛情を伝えるツール

ギューっと子どもを抱きしめると幸せな気持ちになりますよね。子どもも同じように、お母さんに抱きしめられると幸せな感情を抱きます。これは愛情ホルモンの働きによるものです。スキンシップによってホルモンが分泌され、抱きしめる側も抱きしめられる側も幸せな気持ちになるのです。愛情を感じると素直な気持ちになって、安心して心配事を打ち明けてくれることもあります。子どもは毎日しっかり抱きしめてあげたいですね。

毎日実践したい7秒抱っこ。でも中には「抱っこが苦手」という子どももいる

キッズコーチングでは7秒抱っこと言って、毎日7秒間子どもを抱きしめることを提唱しています。スキンシップは愛情を伝えるなによりの方法です。特に子どもが小さいうちは、意識して毎日実践するとお母さんの愛情を十分に感じ、幸せな子どもが育ちます。しかし中にはスキンシップと聞いて戸惑う人がいるのも事実です。少数派ではあるものの「抱っこはあまり好きじゃない」というお母さんや子どももいるのです。

少ないけど確実にいる“抱っこが苦手な子”無理に抱っこせず違う形を

触覚(肌感覚)が鋭敏な子は、抱っこが苦手になる場合があります。お母さんが嫌いというのではなく、単に肌ざわりの問題です。服の当たり方が嫌いとか、肌がくっつく感じがいやなど、理由はその子によって様々です。抱っこがいいからといって嫌がる子を無理やり抱っこしても、お互いに楽しくありませんね。そんな時は無理やり抱っこしようとせずに、その子にあった代わりのスキンシップを探すと良いでしょう。

いろいろなスキンシップの形。こだわりすぎず自分たちに合う方法を探そう

例えば抱っこの代わりに背中を優しく撫でてあげるのも良いですし、お風呂の中なら抱っこがOKという子もいます。温かいお湯がよりリラックスさせてくれるでしょう。女の子なら毎日楽しみながら髪を結ってあげるのも、立派なスキンシップとなります。毎日接しているお母さんだからこそできるスキンシップがあります。「こうしなければ」とこだわらず、自分たちなりの方法を見つけて実践してくださいね。

今日の1日1成長

スキンシップは愛情表現だからこそ、親子ともに気持ち良い方法を選ぼう
子どもの愛する力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
むらたますみ(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!