Baby&Kids

前向きになれる“リフレイム”

vol.516【1日1成長お母さん】子育ては子どもへの見方や捉え方を変えるだけで楽しくなる

ついつい口から出るのは欠点ばかり、子どもの良いところはどこ?

子どももお母さんも笑顔で過ごせる毎日。理想の子育てですね。子どもと一緒に楽しいことだけしてずっと笑っていられたらどんなに毎日が楽しくなるか。ところが実際は家事に追われ、思い通りに動いてくれない子どもたちへイライラしてしまう毎日。気づいたらダメ出しばかりしている自分に自己嫌悪になる。この子にだっていいところはたくさんあるのはわかっているのに。

頑張りすぎる子育てはネガティブ思考になりがちに!まずは深呼吸

子育てだけではなくどんなことでも頑張りすぎると気持ちに余裕がなくなるものです。すると「こんなに頑張っているのに」「なぜ言うことを聞いてくれないのかしら?」「愛情不足なの?」なんてイライラしたり、ネガティブ思考になりがちになるものなのです。思い通りにいかないのが子育てです。そんなときこそまずは深呼吸をして毎日を頑張りすぎていないか考えてみましょう。

どんなときでもポジティブ思考になれる「リフレイム法」を実践

頑固でわがまま、文句ばかり言う子どもに手を焼いているお母さんは、きっと我が子に対し、もっと素直になってほしい、そんな感情を抱きます。落ち着きがなくてお友だちにきつく当たってしまう子どもには、もっと優しい子になってほしい。逆に優しすぎて自分の意見を言えない子どもに対し、もっと自分を出せばいいのに。そんなときは、「もっとこうなったら」とマイナスに捉えるのではなく、ありのままの行動をプラスに見ていくリフレイム法がおすすめです。

前向きになれるリフレイムで親子のコミュニケーションが楽しく変わる

頑固で文句ばかりなのは、自分をしっかりと持ったこだわりの強い子ども。小さなころから真の強さを感じられるのは素晴らしいこと。そして落ち着きがなく言いたい放題なのは、あっちにもこっちにも興味があり自分の意見をしっかりと伝えられる証拠。ダメ出しよりも、リフレイムをして伝えてあげてください。Nちゃんは自分の気持ちがしっかり言えるね!K君はやりたいことがいっぱいあるんだね!すると子どもの思考もコミュニケーションもどんどんプラスに変わります。

今日の1日1成長

ポジティブ思考な子どもにするには日々のコミュニケーションが重要
子どものポジティブ力も1成長、お母さんのリフレイム力も1成長。
うえだきょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!