Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

子どものわがままを撃退するには、正しいヒントを与えよう

vol.528【1日1成長お母さん】そのわがままが通用しないとわかれば、わがままを言わなくなる

「反抗期」「イヤイヤ期」と一言で片付けるのはもったいない

子どものわがままや口応えが多くなると、つい「イヤイヤ期だから」と片づけてお母さん自身が納得しようとしてしまうことがあると思います。一般的に反抗は成長過程のひとつだし、反抗があったら正常な成長だと思ってくださいね、と本にも書かれています。その通りですが、反抗の時期だからこそ子どもが学べる絶好のチャンスでもあります。

わがままは言ってもいい。でも他人に迷惑をかけてはいけない

反抗や自己主張をするのは子どもだけでしょうか?大人でも職場で反対の自分の意見を述べたり、主張したりするでしょう。今はゆっくりしたいから家事を後回しにしたいわと自分のペースを守ることもあるでしょう。大人はその後を考えて発言するし、また後で渋々でも行動に起こすでしょう。子どもにはそれらがないから無責任な自己主張と捉えてしまうのです。ならばコントロールする力を備えてあげればいいのです。

子どもは短い人生のなかでうまく行ったことだけを繰り返します

自分の感情をコントロールする力がついていない段階で子どものわがままや自己主張を認め続けていると、当然子どもは「このくらいなら許してくれるんだ」と学んでしまいます。子どもの甘えたい気持を100%受けとめ、それでも、いけない行動は信念をもって正しましょう。

間違った自己主張を正してあげるときは一貫性をもってブレないで対応しよう

子どもは小さいなりに学ぶ力や柔軟に変化する力をもっています。わがままにはしっかりと「ダメなものはダメです」と伝えてください。しっかり目を見て真摯に伝えることが基本です。そしてその対応はいつでも同じように一貫性をもつことが大切です。

今日の1日1成長

反抗期は感情コントロールを教え、ルールやマナーを教える絶好のチャンス
子どもの自制心力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp