Baby&Kids

「やめて!」と叱っても繰り返すなら、思い切って放っておく!

vol.532【1日1成長お母さん】わざとらしい行動は気を引きたいから。いい行動だけ関心を示そう

子どもは、お母さんが「やめて!」ということに限って何度もやりたがる

動いているブランコから飛び降りる、ソファの上でジャンプ、大切な物が入っている引き出しを開ける…など、お母さんが「やめて!」とい言うことに限って子どもは何度でもやりたがるものです。それなのに靴をそろえる、手を洗うなどお母さんがやってほしいと思うことは注意しないとやらない。そんな毎日で「なんだか一日中怒ってばっかりだわ」と感じているお母さんは多くいることでしょう。

怒られると分かっていてもお母さんの関心を引きたいと思うことがある

子どもがお母さんに「やめて!」と言われるような行為をするとき、多くの場合は「やってみたい」という好奇心から行動しています。しかしそれとは別の理由がある場合もあります。「お母さんの関心を自分に向けたい」という気持ちです。「愛情の反対は憎しみではなく無関心です」というマザー・テレサの有名な言葉があります。子どもは怒られると分かっていてもお母さんの関心を引きたいと思うことがあります。

どんな子どもでも「お母さんに見てほしい」という欲求をもっている

「うちの子は私の嫌がることばかりするけど、愛情不足かしら」と考える必要はありません。子どもはみんな「お母さんに見てほしい」という欲求を持っています。子どもの目的がお母さんに関心を持ってもらうことであれば、「やめて!」と叱られることで子どもの願いは叶っています。そのため、お母さんが叱ってもまた同じ行為を繰り返します。やめさせたいのなら、その欲求を逆手に取ったしつけをすれば良いのです。

好ましい行動をした場合は、関心を示す声掛けをして習慣化しよう

子どもがやってほしくないことを繰り返した場合、叱らずに思い切って放っておくのです。そうすると子どもは「これをやってもお母さんは見てくれない」と感じ、その行為をやめていきます。それとは逆に好ましい行動をした場合は「靴をそろえられたね」と子どもの行動をそのまま実況中継するような言葉掛けをしましょう。すると子どもは「お母さんは見てくれている」と感じ、その行為を繰り返して習慣化できます。

今日の1日1成長

子どもにやってほしくない行為は放っておき、好ましい行為は大いに関心を示そう
子どもの行動改善力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!