Baby&Kids

いつからキレママキャラ定着?マイルールで理想のママになろう

vol.533【1日1成長お母さん】頑張り屋で一生懸命な証拠。お母さんだって感情的になります

頑張っている自分を認めましょう。怒ることは悪いことではありません

「どうしていつもそうなの?」と怒ってばかり。子どもを傷つけるつもりはないのに気がつくと感情的になって、関係のないことまで言ってしまう。何に怒ったのかイライラの原因も分かりません。最終的には子どもがギャーと泣いて「うるさい!もう知らない」と声を荒げてしまったり。でも「ごめん、あなたは悪くないわ。自分に余裕がないだけ」と反省することもありますよね。責任感が強いからこそ自ら言動の間違いにも気付けるのです。

我が子のために一生懸命なお母さん。頑張っている自分を認めましょう

責任感の強いしっかりお母さん、子どものために一生懸命のお母さんは抜かりない努力をしています。完璧にこなそうとしてテキパキ。「うまく手を抜いて」なんて言葉は通用しません。しっかりやりたいと思う気持ちは悪いことではありません。しかしそのためにストレスや、自己嫌悪に陥り自己否定をしてしまうことが悩みとなります。頑張っている自分を認めましょう。「今日、私はよくやった」という達成感は、心が満たされ自信となります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE