Baby&Kids

偉そうに話す娘はおりこうタイプ?正義感には肯定文でこたえよう

vol.539【1日1成長お母さん】偉そうな物言いは共感性の表れ。認めることで優しさが増します

お母さんをカチンとさせる偉そうな物言いは、おりこうタイプのなせる技?

「決して意地悪なわけじゃないのだけれど、言葉遣いがいつも偉そうでついついカチンとくる」という女の子のお母さん。幼稚園でも同じような口をきいているのではないかとハラハラしますね。しっかりしているしお行儀も良い、あとは口の利き方だけ…と思うかもしれません。お友達とケンカをしても「私は悪くないもん!ダメなことをダメって言っただけだもん!」と譲らないようなら、もしかしたらキッズコーチングでいうテキストタイプかもしれません。

偉そうな物言いにも理由がある?おりこうタイプの女の子の正義感の出し方

女の子は集団生活の中で自然に共感性を培っていくと言われます。ですが中には、その共感性の出し方が少し他の子と違う子どもがいます。キッズコーチングで言うテキストタイプは小さい時から周りの物事をよく見ていて「この場では何が正解か」ということを瞬時に判断できます。例えばお友だちがおもちゃを取られて泣いていたら「泣いているのはおもちゃを取られたから=気持ちを変えるには取り返してあげる」という考え方をする傾向が強いのです。

正義感は共感しているからこそ。表に出ない心の動きを分かってあげて

他の子が泣いている子を慰める間におもちゃを取り返しにいき、必要ならケンカもするし先生にもいいつけます。これらは一見すると「悪いことは悪い」と善悪だけで判断しているように見えるため“共感性がない”“自分だけいい子”と思われがちです。「いつも偉そう」だと言われることもあるでしょう。相手を守ろうと行動するのがテキストタイプの共感の表し方。“最短の解決”をすることで寄り添おうとしているのです。

子どもの言葉を肯定文で言い換えると、優しい言い方を覚えていきます

それでも口の利き方が気になるわ、というお母さんは、ぜひ肯定文で話す習慣をつけてみてください。「手を洗わなきゃいけないんだよ!」と言われたら「そうなのね、手を洗ったらいいのね」という具合です。子どもも徐々に気持ちの良い伝え方を覚えます。テキストタイプの女の子が持つ正義感は、この上ない優しさからくるものです。その優しさを上手に表す表現力が身につくと、本来の共感性がどんどん花開いていくことでしょう。

今日の1日1成長

テキストタイプの偉そうな物言いは頭ごなしに叱らずに肯定文で言い換えよう
子どもの表現力も1成長、お母さんの肯定力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!