Baby&Kids

お母さんが持っている、子育ての思い込みから自由になる方法

vol.556【1日1成長お母さん】小さな目標設定から始めると、子育てはどんどん楽になる!

「分かっているけどやめられない」そんな思い込みって誰にでもあります

子どものことを思えばこそ、のお母さんの行動が、場合によっては子どもの成長の妨げになることがあります。例えば心配性のお母さんは、子どもを守りたい気持ちが先に立ち、様々な経験の機会を子どもから奪ってしまう場合も。「ここは危険じゃないかしら」「こんなことして怪我をしたらどうしよう」。危険な目にはあわせたくない、でも経験を積んで学んでほしい…この矛盾した気持ちをどうすればよいのでしょう?

踏み出せない、勇気がない。お母さんだからこその思いは否定しなくていい

3歳のSちゃんのお母さんはとっても心配性。「危ないものがいっぱいだから」と決してキッチンには入れません。それなのに最近Sちゃんは「あれもしたい、これもしたい」と危ないことばかりしたがります。「お手伝いしたいって言い始めて困っているんです」とお母さん。「分かっているのですが勇気がありません」と。なかなか勇気が出せないお母さんに、こう提案してみました。「いきなり包丁は難しいでしょう。では、泡立て器は?」と。

目標を小さく分解してみたら、ひとつひとつに取り組みやすくなる

お母さんはハッと何かに気づいたようです。「そうか、お手伝いって何も包丁や火を使うことでなくてもいいんですね!」Sちゃんのお母さんは自分の心配性を手放すために、まずは小さなゴールをたくさん作ることから始めました。“お皿を運んでもらう”“泡立て器で卵を混ぜてもらう”“ピーラーでにんじんの皮を剥いてもらう”など、小さなステップをたくさん踏むようにしたのです。

最終ゴールだけを見つめると大変で苦しくなる。まずは小さな一歩から

いきなり大きなゴールを見つめると、その道のりはとても険しく大変なものに見えます。そんな時は小さなゴールをたくさん設定すると良いでしょう。これをスモースステップと呼びますが、子どもだけでなく大人にもとても有効です。スモールステップを実行して「キッチンは危なくない」と分かったお母さん。心配性を手放して、随分と子育てが楽しくなりました。まずは初めの一歩から。スモールステップを踏み出してみてくださいね。

今日の1日1成長

まずは初めの一歩から。小さなことから始めて、思い込みから自由になろう!
子どもの自立力も1成長、お母さんの許容力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!