Baby&Kids

皆がハッピーになる返事!子どもが褒められたら「ありがとう」

vol.563【1日1成長お母さん】子どもに謙遜は通用しない。皆が楽しい気分になる言葉で返そう!

「ありがとう」と言うのは気後れする。深く考えすぎて謙遜してしまう

お母さんが子どもと一緒にいる時に「Aちゃんは挨拶が上手ね」「K君はかけっこが早いわね」と褒められることがあるでしょう。とっても嬉しいですよね。その一方で「ありがとう」と答えるのは少し気後れするかもしれません。「調子に乗っていると思われたくないわ」だとか「この子が天狗になったら困るわ」と考え「いえいえ、そんなことないですよ」と謙遜する言葉で相手に返事をすることもあるでしょう。

謙遜するあまり、子どもをさげすむような発言が出てくることもあります

日本人には謙遜する習慣があります。特に家族のことは「愚妻」「愚息」などの言葉があるように、へりくだることが相手への礼儀という考え方もあります。子どもを褒められた時に「そんなことないです」の返事に加えて「外面がいいだけで、家では全然ダメなのよ」であったり「かけっこは隣のクラスのS君の方が早いのよ」など子どもをさげすむような発言をして、会話を盛り上げたりもするかもしれませんね。

“褒め言葉はギフト” 謙遜ではせっかくのギフトを受け取り拒否してしまう

お母さんは謙遜のつもりでも、子どもには通用しません。「お母さんは、私を家では全然ダメな子って思っているんだ」「かけっこを頑張っているのに、お母さんは認めてくれない」と悲しくなります。また “褒め言葉はギフト”という考え方もあります。ギフトを送った側は、相手に受け取ってもらうために送ります。褒め言葉を謙遜で返してしまっては、せっかくのギフトを受け取り拒否してしまっているようなものです。

褒められたら「ありがとう」と言って言葉のギフトを受け取りましょう

欧米では初対面の人にも家族の写真を見せて自慢をすることがよくあるそうです。ここまでは真似をしようと思えないかもしれませんが、子どもを傷つける謙遜よりも幸せな習慣かもしれませんね。子どもが褒められたときに、その場にいる皆が楽しい気分になる返事は「ありがとう」です。そしてもちろんお母さん自身が「きれいですね」「毎日頑張っているね」と褒められた時も「ありがとう」と言って言葉のギフトを受け取ってください。

今日の1日1成長

子どもが褒められたら、謙遜するよりも「ありがとう」と受け取ろう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!