Baby&Kids

朝寝坊の子は起こすから自分で起きない!という負のサイクル突入

vol.570【1日1成長お母さん】“よい行動”を続けるには“褒める・認める”だけでいいのです

「朝は辛いわね~」お母さんもまだ寝たいのと子どもに寄り添ってあげよう

朝晩の冷え込みも増し、お布団から出られない朝が続きますね。お母さんも踏ん張ってやっと起きているのだから、子どもはさらに頑張らないといけないことでしょう。そんなとき「早く起きなさい!遅れるわよ」と怒鳴って急かせても効果がない場合は、響いていない起こし方なのです。そんなときはまずは「お母さんも一緒よ。あったかいお布団は気持ちがいいわよね」と共感してあげるのが先です。

ニワトリが先か卵が先?という原因探しを止め、起きる方法だけ考えよう

そうは言っても、起床は一日の始まりですからできればスムーズに行動をしてほしいことのトップに上がることでしょう。時間の概念の乏しい子どもに「遅れるわよ。何時だと思っているの!」と言っても効き目はありません。そんな上手くいっていないときは方法をガラッと変えるのが効果的です。お母さんが起こすから自分で起きない。自分で起きないからお母さんが起こす、という負のサイクルを変えるのがいいのです。

一つの方法が成功したら続ける。上手くできなければ方法を変えるだけ

目覚まし時計もお母さんの声かけも効果がなかったなら環境を変えてみましょう。起きる時間の30分前にはカーテンを開け、陽の光を取り込んでみましょう。子どもの隣にお母さんが居ないというだけでぐずる子には、そっと隣に居てあげましょう。大好きな番組の録画を15分だけ決まった時間に流してみる。など“起きる”という行動に至るまで、無理やりではない方法をいくつも見つけてみましょう。

行動科学では“よい結果”によって行動が“強化された”といいます

子どもに限らず人は「できた」「良かった」という結果によってその行動が繰り返されます。子どもも毎朝憂鬱な時間で起床するより気分よく起きたいと思っています。意思が弱いわけでも根性がないのでもありません。お母さんの新しいアプローチで成功したなら“よい結果”をあげるだけでいいのです。お金も面倒な手間も要りません。褒めて、認めてあげるだけでいいのです。

今日の1日1成長

どうしてできない?と問題探しを止め、思い切って他の方法探しをしましょう
子どもの継続力も1成長、お母さんのアプローチ力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!