Baby&Kids

どんな励ましの言葉も効かない育てにくい子の伸ばし方

vol.578【1日1成長お母さん】グズグズ前向きになれない子には“できた体験”をさせましょう

どうしても消極的な我が子。前向きな気持ちに切り替えさせたい!

「子どもはもっと元気いっぱいでやんちゃだと思っていました」というお母さん。弱気でマイナス思考な息子は消極的でいつもグズグズ言います。自信もあまりないので「できないよ」とやる前から諦めがちです。そんな子には「頑張って」よりも「大丈夫、できるよ」と言ってあげましょう。「きっとできる」という言葉が子ども自身のセルフイメージを変えるのです。できそうなイメージを想像することが前向きな一歩となるのです。

「大丈夫」を信じたから「できた」素晴らしい一歩。「できたね」と認めよう

子どもには生まれ持った気質があります。手のかからない子や暴れん坊な子もいれば、いつもにこにこしている子もいます。中には自信のなさがひねくれや表情に表れる子もいます。このタイプはネガティブタイプといい、自己肯定感が低い場合があります。自己肯定感とはどんな自分も受け入れありのままでいられる自信のこと。どんな小さなことでも「できたね」と言ってできた体験を積み重ねることで自信を持てるようになります。

強要はせずに受け止める。どんな自分も受け入れてもらえる安心感が大切です

ネガティブタイプの子は幅広く色々なことをこなすより、好きという気持ちが向いたことに一気に才能を発揮する特徴があります。人と比較されることが苦手なため、できたことだけを見てあげましょう。「もっと」と求めずに「頑張っているね」と認めてあげると、お母さんはどんな自分もわかってくれると感じます。その安心感が心の安定に繋がります。認めてもらえることで少しずつ自信が持てるようになることをゴールにしましょう。

悪いことばかりではありません。ネガティブタイプは極める力を持つ職人気質

人と比べずに得意なことに焦点を当てて、好きなことをとことんやらせましょう。好きなことに夢中になっているとき、子どもの集中力や想像力はぐんぐん伸びています。自分で考え自分なりのこだわりを持っているのもこのタイプ。自分で考えて創り出す力を持っているため、集中して取り組むことで独自のものを形にする、完成度の高いものを仕上げるなど成果を表します。その子の得意なことを伸ばし個性を認めてあげましょう。

今日の1日1成長

消極的な子どもには、小さなできた体験をたくさん積み重ねましょう
子どもの信じる力も1成長、お母さんの肯定力も1成長。
國枝愛実(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!