Baby&Kids

嘘をつくのは防衛本能。責められないと分かったらやめます

vol.606【1日1成長お母さん】嘘・言い訳・ごまかしは、問い詰めず責めないことで減っていく

お母さんが責め過ぎてしまうと、嘘やごまかしが増えていくこともある

嘘をつくのは悪いこと。それをしっかり分かってほしいのに、なかなかうまくいかない。そんなご相談を受けることがよくあります。お母さんは正直な子に育てたいから、嘘をつく癖を直そうと一生懸命です。「うちの子、都合の悪いことがあったらすぐにごまかそうとするのよ」「何度懲らしめてもすぐに嘘をつくのよね」もしそんな風に感じているなら、ちょっとやり方を変えてみるのがいいかもしれません。

嘘は子どもの“身を守る鎧”。責められるほどに頑丈で強固な鋼になる

そもそも嘘をつく、ごまかす、という行為は“身を守るため”のものです。自分に災難が降りかからないようにするための防衛手段なのですね。ですので嘘をついたことを問い詰められると、ますます防衛の必要を感じます。その結果、嘘に嘘を重ねたり、ちょっとした失敗でも隠さないといけない、ごまかさないといけないと思うようになります。正直に言うように迫るお母さんの行動が、実は子どもの嘘を助長していることがあるのです。

責めるのをやめて対処法を教えると、子どもの嘘はどんどん減っていく

では実際には、お母さんはどんな風に子どもの嘘に対処すれば良いのでしょう。まずは「正直に言いなさい!」「嘘だって分かっているんだからね!」などという、嘘を暴く行為をやめることです。そして、子どもの失敗を責めないこと。叱られると思うと、ほんの些細なことでも「ごまかさなければ」という気持ちが働いて、嘘をつく行為につながってしまうからです。取り返しのつかない失敗はありません。対処の仕方を教えましょう。

大人は失敗しないもの?そんなことないよと伝えることが子どもの勇気になる

それでも嘘やごまかしが減らない子どもに効果が高いのは、お母さんやお父さんの失敗談を話すことです。「この間お母さん、こんな失敗しちゃってね」「またやっちゃった」など、大人でも失敗すること、小さな失敗は誰にでもあることを体験談として伝えましょう。それにどう対処したかということまで話せれば、子どもは自分の失敗をごまかそうとしなくなるばかりか、勇気を持って自分で対処するようになるでしょう。

今日の1日1成長

嘘・言い訳・ごまかしは問い詰めないのが吉!お母さんの失敗談を話そう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの自己開示力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!