Baby&Kids

下品な下ネタを連発し楽しむ子には、応じないのが効果絶大!

vol.608【1日1成長お母さん】きつく叱るのは逆効果。成長の証と受け止めて冷静に対処しよう

男の子のことはサッパリ分からない!下品な言葉遊びをやめて欲しい

2歳〜4歳くらいになると、男の子は下ネタで遊び始めます。「うんこ!」などの下品な言葉を連発してゲラゲラ笑い、お母さんを困らせます。「やめなさい!」「そんな言葉使わないで!」といくら言っても笑って繰り返し、全く効果がないように見えます。実はこの時期は、排泄コントロールを覚える時期と重なっています。関心があることを口にするのはある意味自然なこと。排泄を意識し、努力している証拠でもあるのです。

叱っても全く効果なし。むしろ叱れば叱るほどにエスカレートする可能性も

3歳半のSくんは、最近下ネタが大のお気に入りです。お客様が家に来た時もふざけたように笑いながら下品な言葉を連発します。「元気でいいねえ」などと言われようものなら、なおさら張り切って繰り返します。お母さんがきつく叱っても全く意に介さず、S君は自分の言ったことにゲラゲラ笑っています。園でも毎日この調子です。こんな時、お母さんとしてはどう対処するのが一番効果的なのでしょうか。

笑ってもらった“成功体験”が言い続けるエネルギーになっている?

実はこんな風に誰かれ構わずに下ネタを連発して笑っている場合、以前に“それを言ったらみんなが笑ってくれた”という体験をしていることがほとんどです。うんこ!ちんちん!と言ったら笑ってくれた。それが嬉しくて、もっと笑って欲しくて繰り返し言うのです。お母さんが過剰に反応することも“注目してもらえた”という成功体験になります。できるだけ反応しない方が早くおさまっていくでしょう。

お母さんの気持ちを伝えることが分別を育てる。子どもの判断を助けよう

きちんと理解させたい場合は、お母さんの素直な気持ちを伝えるのが効果的です。「お母さんはそういう言葉、あまり好きじゃないわ」「こういう所で言われるとお母さん恥ずかしくなっちゃうわ」などです。お母さんが困っているとはっきり分かることで、子どもは言って良いことと悪いことを判別できるようになります。お母さんの気持ちを伝える言葉、アイメッセージを活用して子どもの判断を助けましょう。

今日の1日1成長

正してあげたい言葉には過度に反応せず、お母さんの気持ちを添えて教えよう
子どもの判断力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!