Baby&Kids

子どもの心を満たし、活力となる言葉は「いつも頑張っているね」

vol.609【1日1成長お母さん】結果ではなく、子どもが努力している姿や経緯を認めてあげよう

赤ちゃんの頃から手がかからないタイプは、大きくなっても真面目で努力家

赤ちゃんの頃から決まった時間に起きて決まった時間に眠り、ちゃんとおっぱいも飲んで、あまり手がかからない子どもがいます。しかも話し出すのも歩き出すのも早いので、お母さんは「なんて賢い子なの!」「うちの子天才だわ!」なんて言ってしまうくらいです。お母さんをたくさん喜ばせてくれることでしょう。また大きくなっても「ちゃんとしたい」「いい子でありたい」と考える、とても真面目なタイプです。

優等生でしっかり者の子どもは評価や結果にこだわり過ぎるという特徴を持つ

子どもには生まれながらに性格が備わっており、それを気質といいます。キッズコーチングでは気質を5つのタイプに分けています。そのうちのひとつに真面目な“テキストタイプ”があります。このタイプは優等生でしっかり者です。その一方で社会性が高いため、周りからの評価を気にしすぎるという一面があります。また「一位じゃないとダメ」「絶対に間違えちゃいけない」などと過度に結果にこだわるという特徴もあります。

失敗を恐れ「好きなことでも出来ないことはやりたくない」と考えることも

6歳のS君はピアノのコンテストに挑戦しました。毎日必死で練習に励みましたが残念ながら入賞はできませんでした。結果に落ち込むS君にお母さんが「また次頑張ればいいじゃない」と声をかけるとS君は「いいわけないんだよ!」と叫び、聞き入れません。挙句の果てに大好きなピアノを「辞めたい」と言い出したのです。テキストタイプは失敗を恐れ「好きなことでも出来ないことはやりたくない」と考えることがあります。

「いつも頑張ってるね」と声をかけ、子どもの心を満たしてあげよう

どんなに努力をしてもいつも結果が伴うとは限りません。結果だけにとらわれすぎず、好きなことを楽しみながら続けてもらいたいと考えるのであれば、お母さんは「頑張ってね」ではなく「いつも頑張ってるね」と声を掛けてください。テキストタイプの子どもに「結果を気にしないで」と言ってもなかなか難しいでしょう。でもこの言葉で「お母さんは自分を認めてくれている」と考え心を満たし、努力の過程も大切だと気付くはずです。

今日の1日1成長

評価や結果を気にしすぎる子どもには「いつも頑張ってるね」と声をかけよう
子どもの継続力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!