Baby&Kids

生活力は生きるベース。遊びで楽しい仕事だとアプローチしよう!

vol.621【1日1成長お母さん】勝負好きな子どもには、勝ち負けをつけることでやる気を伸ばす

子育ての最終目標は自立。子どもはそれを順番に積み上げていきます

大人は何十年かけてできるように積み上げて“普通にできること”がたくさんあります。着替えも片付けもお料理も洗濯も何でもできます。でも子どもは何もできない状態からひとつひとつ積み上げていきます。3歳で不完全だったことは5歳になれば問題なくできることも増えていきます。これを“成長”といいます。この繰り返しがやがて“自立”につながります。

お母さんが子どもに物事を“させる”を止めてみよう。“自主的”になる方法

毎週末に持ち帰る上履きを洗うのはお母さんの役目でした。でもこれからは自分で洗うように子どもと約束をしてみました。でも子どもは面倒な事を後回しにします。お母さんは子どもが自分で洗うまで待っても一向に行動に移しません。これはお母さんが一方的に決めた約束だったからです。それならば子ども自らが楽しく上履きを洗う方法を子どもと一緒に考えてみませんか?

子どもは遊びが大好き。どうせならゲーム感覚で楽しく親子でやっちゃおう

例えば「明日は学校です。持って行かなければいけないのに、すっかり忘れられてお風呂においてあるものがあります。それはなんだ?」こんな風にクイズにすると子どもは考えます。そして上履きを洗っていない事に気が付くでしょう。上履き洗いをゲームに変えてみましょう。「片方はお母さんが洗うね。お母さんとどちらが綺麗に洗うか競争ね!」先にお母さんがきれいに洗って上履きを見せると、子どもも負けずに一生懸命洗うでしょう。

まずは子どものお手本となり、きれいなものは気持ちが良いことを体感させよ

上履きを洗うのが“嫌な仕事”と印象づくとやりたくなくなります。でも“競争できる楽しい遊び”というイメージを持たせたら楽しくなるでしょう。最初からなんでも自主的にできる子はいません。気分が乗らない日があって普通です。きれいになった靴を見て、気持ちがいい、スッキリするという感覚を言葉にすることも併せるとさらに効果的です。

1日1成長お母さん

しないことに固執せず、できる方法を多く生み出す方が生きる力に変化します
子どもの自立力も1成長、お母さんの提案力も1成長
さかきばら やすこ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!