Baby&Kids

自分の気持ちを言える子は人生を豊かに生きる大人になります

vol.634【1日1成長お母さん】子どもの感情表現は気持ちを受け止めてもらうと上手になる

子どもに“空気を読む力”を求めるより、読めなくて当たり前と認めよう

「こんなこと言ったら笑われるかな」「こんな風に思ってしまう私は大丈夫かしら」大人でも人との関わりの中で自問自答することはあるでしょう。人と関わる上で、周りの人の感情を想像して自制することは大切です。いわゆる“空気を読む”という行動ですね。小さな子どもは観察力や想像力が未発達なので、唐突に“空気を読まない”言動をしたり、自分の気持ちを押し付けたりしてお母さんを困らせることがあります。

真っ向から否定して叱ると逆効果。落ち着いて我が子の感情を観察しよう

例えばみんなで協力して何かを成し遂げようとしている時、1人だけ「イヤだ〜、しんどいもん」と言って協力しない我が子。「何言ってるの!みんなでやるんだから早くこっちにきなさい」「わがままを言うもんじゃない、みんなを見てごらん?そんな子ほかにいないよ!」ついこんな風に対応してしまい子どもはかえって態度を固くしてしまったという経験、お母さんならあるのではないでしょうか。

子どもの感情を否定するのはNG。受け入れられてこそ次のステップへ進める

その場にふさわしくない言動をたしなめるのは大事なことです。ですがその際、頭ごなしに注意したり、真っ向から否定したりということを繰り返していると、子どもは自分の気持ちを言ってはいけないと思うようになります。その結果、感情を押し殺してストレスを爆発させ「〜するべき」を優先させるようになります。結果として、自分の気持ちは大して重要ではないと、自分を軽視するようになるのです。

ポイントは感情と行動を切り離すこと。感情は受け入れ行動を正そう

“協力しない”という行動はたしなめても“イヤだ”と感じた気持ちは事実です。まずは子どもの感情と行動を切り離しましょう。「イヤなのね」と感情を受け入れた上で「みんなで協力しているけど、どうする?」と決断を委ねてください。子どもは安心し、次の決断ができます。その繰り返しで次第に人の気持ちを思いやることもできるようになります。気持ちを伝えることは思いやりの始まり。ぜひ上手に導いてあげたいですね。

今日の1日1成長

子どもをたしなめる時は感情と行動を切り離し、行動を改めるように導こう
子どもの表現力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!