Baby&Kids

子育ての悩み、子どもの問題行動と感じたのはお母さんの思い込み

vol.646【1日1成長お母さん】子育ての迷いや悩みは、知識を得ることで解決することもあります

自分の子育てに軸ができてくると、育児がラクで楽しくなってきます

育児は、子どもがいくつになっても初めてのことばかりです。子どもの数だけ対応の仕方も違います。核家族が増え、ますます育児を知る環境は減っているのが現実。困ったり悩んだりは当たり前なのです。そんな時、子どもの心の発達段階を知ることはお母さんをサポートしてくれます。目の前の子どもの行動を理解するのに一役買ってくれるからです。色々な育児の方法を知ることで、試しながら自分だけのオリジナルの育児が作られていきます。

年齢ごとの心の発達を知れば、子どもへの理解が深まり安心のきっかけに

S君はイヤイヤ期と言われる時期、お母さんの言葉をよく理解できて手がかかることが少なかった1人。ところが3歳を越えて「最近、やらないでって言うことをなかなかやめてくれない」とお母さんが嘆いていました。3歳の男の子にとって、この時期は自分でやりたいことをやって自立心を育てるステップ。このお母さんを困らせる「やってみたい!」のオンパレードは、よくあることです。特に男の子は自分がやってみて初めて理解できます。

成長する0歳から6歳まで、全体が見えると今の育児がより明確になります

キッズコーチングでは発達心理学に基づいて、6歳までの子どもの成長を7つのステップでまとめています。0歳の“好奇心”から始まり、1歳の“やる気”2歳、3歳、4歳、5歳、6歳。階段を上がるように子育てのステップを1歳ごと、1つ1つ身につけていきます。焦らず十分に、その年齢ごとの1つ1つの能力を伸ばしてあげることが長期的に見て効果的。目に見える結果ではなく、子どもの心の成長を追います。

7ステップコーチングは、成長する子どもへの視点を正しく導いてくれます

子どもの心の発達段階を知ることで、子どもの理解できない行動もお母さんの腑に落ちることが多いはず。それはお母さんの心も身軽にします。子どもの成長は1~2年の個人差があります。それも考慮して目の前の子どもの発達段階を理解したら、お母さんの対応にも変化が出ます。子どもへの理解が子どもの心にも届き、信頼関係を深めてくれます。お母さんがそれを土台に具体的なアクションを取れば、愛情も一緒に届けることができるでしょう。

今日の1日1成長

年齢ごとに大切な心の成長段階を知り、子どもの可能性をより伸ばそう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!