Baby&Kids

どうなりたいのか?を具体的に声に出すことで目標を達成しよう

vol.654【1日1成長お母さん】原因を追究するのではなく、これからの行動に意識を向けよう

チームプレーで学べる小さな社会でお互いに助け合う経験をしよう

男の子に大人気のサッカー。サッカーに限らずチームプレーには子どもを成長させる要素がたくさん詰まっています。足りないところを助け合いながら、ひとつの目標に向かって力を合わせて頑張る。将来社会に出て経験することの予行練習にもなるでしょう。S君は地域のサッカー大会にお友達と一緒に参加しましたが、一つ上の学年の子どもたちがたくさん出ているのでS君たちのチームは負け続けてしまいました。

うまくいかなくなった時こそ助け合い、チームの目的を一つにしよう

優勝する気満々だったS君たちは元気がなくなってきました。子どもにとって、負け始めた試合にやる気を失くしていくのは当たり前のことです。そこでお母さんはS君に聞きました。「今日は何をしに来たの?」当然「サッカーをしに来た」と答えます。質問は続きます。「どんな目標があったの?」すると大きな声で「優勝したい!」そこでお母さんはすかさず聞きます。「じゃあ、どうしたら良いの?」S君は答えるたびに声が元気になっていきます。

気づきをうながすクエスチョンで、自らのアイデアを出し目的を達成しよう

お母さんが使ったのは“気づきをうながすクエスチョン”です。S君に考えさせ、気づきや発見をうながし、結果として行動を引き出すことを目的に質問をしていくのです。お母さんは質問のやりとりの中で、S君が持っていた目標やアイデアも引き出しました。お母さんとの会話の後は、S君はチームメイトと話し合います。みんなの声は段々大きくなり、笑顔が戻っていきます。その後の試合は勝つことができ、ハイタッチで喜びました。

原因の追究よりも、未来の姿をイメージすることで見つかる取るべき行動

負けている時、失敗した時の原因はたくさんあります。けれど原因を追究してもその場で改善することは難しい場合もあります。ならば考えさせる質問で“自分たちはどうなりたいのか?”を口に出し、そこへ向かう行動につなげることが必要です。日頃から子どもに考えさせる質問をすることで、物事についてよく考えるようになります。さらに自分の意見をはっきりと述べることができるようになれば、それが行動力へとつながります。

今日の1日1成長

過去の原因追及ばかりにとらわれず、未来の姿を想像し行動をしよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
さかきばらやすこ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!