Baby&Kids

子どもに伝わるポイントがあります!何度も試して習慣化しよう

vol.656【1日1成長お母さん】親の姿と具体的な言葉で、なってほしい姿をイメージさせよう

お母さんの表現の仕方をちょっと変えると、子どもが理解しやすくなります

「それしちゃだめよー」「手を離さないでね~」子育て中に何度伝えても伝わらないことに、イライラしてしまうことがあります。して欲しくないことをする子どもたちに「ダメ!」「やらないで!」と言葉が瞬間的に出てしまうことも。どんなに言っても履いた靴の整頓や靴下の片づけなど、お母さんがやって欲しい事はできないことが多いものです。実は、子どもに伝える時は言葉の使い方にポイントがあります。

「走らないでね」と伝えても走ってしまう。子どもに伝わる言葉で言い直そう

3歳のMちゃんのお手伝い、お味噌汁をお盆にのせて運んでいます。「こぼさないようにね」とお母さんの声が聞こえてきます。「こぼさないように。こぼさないように」Mちゃんも一生懸命に意識しますが、やっぱりこぼしてしまいました。「走らないでね」と聞いて一瞬で“歩く姿”を想像できないように「こぼさないようにね」と聞いても最初にイメージするのは“こぼしている姿”なのです。

“否定語”では伝わりません。イメージできる具体的な言葉で表現しよう

「こぼさないでね」は「両手を同じ高さにお盆を持って、ゆっくり歩いてね」と伝えます。否定語では伝えたい意味と反対のイメージが、頭に浮かぶことが多いです。「ダメ!」「それやめて!」なども、子どもが取るべき行動を明確に想像できないのです。“あるべき姿”や“なってほしい状態”を具体的に想像できる言葉にします。「靴下片付けて!」は「履いた靴下は洗濯置き場のかごの中に入れてね」と伝えましょう。

まずはお母さんの意識から。伝わる言葉に書き換える練習をしていく

習慣的に使ってきた言葉を、急に変えるのは難しいことです。また、子どもが一度で理解することは少ないです。お母さんは根気よく挑戦しましょう。うまく伝えられない時は、親が見本を見せることで理解することもあります。見本をよく見せながら、一つ一つに言葉をつけ説明しましょう。「電車の中では静かに座っていようね」など事前に確認すると、より理解できることも。お母さんの努力が子どもたちへ学びの機会を増やしてくれます。

今日の1日1成長

あるべき姿をイメージできる言葉で表現しよう!親の姿も見本になります
子どもの判断力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!