Baby&Kids

まるで未知の生物!?男の子は「ダメ」を減らすと能力を伸ばす

vol.658【1日1成長お母さん】男の子は体験しながら成長する。意味のなさそうな行動も成長の糧

男の子が毎日繰り広げる意味のなさそうな行動は全て成長の糧となる

男の子を育てているお母さんは、毎日驚きの連続ではないでしょうか。何でもすぐに触ったり、道に落ちているものを拾って集めてみたりお母さんには理解できない行動ばかりとります。「毎日怒ってばかりで嫌になる」と思うこともあるでしょう。お母さんだってできれば怒りたくはないはずです。でも男の子が毎日繰り広げる意味のなさそうな行動こそが、全て成長の糧となるのです。

「ダメ」と言われ続けると、好奇心や探求心の弱い子になってしまう

男の子にも色々なタイプの子がいます。元気いっぱいのやんちゃタイプもいれば、おとなしい子もいるでしょう。どんなタイプであっても何かに興味を持ち、一生懸命に取り組む子になってくれると頼もしいものです。そのためにお母さんが気を付けてほしいのは、子どもに「ダメ」と禁止する声掛けを極力しないようにすることです。男の子はやる気をくじきやすい性質があり「ダメ」と言われ続けると、好奇心や探求心の弱い子になってしまうからです。

「ダメ」と禁止するのは“不道徳・不健康・危険”の3つに絞ろう

お母さんが「ダメ」と禁止をしていいのは“不道徳・不健康・危険”の3つだけです。子どもに「ダメ」と言いそうになったら、この3つに当てはまるかを考えてみてください。子どもが外を歩いている時にずっとガードレールを触っていたら「やめて、汚いよ!」と言いたくなるかもしれません。でもこれは禁止してもいい3つには入りません。後で手を洗えばいいからです。叱っていいのは、手を洗わずに食べ物を触ろうとした時などです。

なるべく禁止せずに見守ると、様々な能力を伸ばしたくましく成長する

禁止すべき“危険”の程度は人それぞれでしょうが、お母さんが見ていられる範囲の少し痛い思いをする程度のことは貴重な学びになります。家の中だと画びょうの先を触るくらいの経験はさせてあげた方が、次からはしないでおこうと自分で判断できるようになります。男の子は自分で体験しながらたくましく成長します。できる限り禁止せずに見守ることで手のかかる時期も早く終わり、様々な能力を伸ばしてたくましく成長してくれるはずです。

今日の1日1成長

男の子は「ダメ」と禁止することを絞って、自由に体験させてあげよう
子どもの体験力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!