Facebook Twitter Instagram

出典:@ miho_food さん

Lifestyle

旦那さんに喜ばれるお弁当って?節約&時短レシピで賢く手作り!

ご主人へのお弁当作りが習慣化してくると、なかなか褒めてもらうことも少なくなってきがち…。今回は、お料理上手なママたちのステキなお弁当から、褒めてもらう秘訣やお弁当作りの賢いテクまで紹介します。

■パパにほめてもらえる愛妻弁当とは?

毎日、ご主人のためにお弁当を作るというのは、なかなか大変なこと。「おかずは何を入れたらいいんだろう?」「これで足りてるかな?」と考えて作ったものなら、なおさらうれしい感想が聞きたくなりますよね。どんなお弁当を作れば、ご主人に褒めてもらえるのでしょうか?

今回ご紹介するのは、インスタグラムやブログで人気のお料理上手なママたちが、ご主人のために作るお弁当です。そんな達人たちの愛妻弁当から見えてきたのは、「満足感」「ボリューム」「彩り」という3つのキーワード!早速、詳しく見ていきましょう。

■パパが喜ぶおかずは「満足感」がカギ

・王道ハンバーグは男性ウケ間違いなし!


お弁当の王道おかずといえば、ハンバーグ。冷めてもおいしく、満足感も得られるので、男性へのお弁当にもぴったりです。

出典:@ mako_bentoさん

こちらのお弁当は、バレンタインデーのときにご主人に作ってあげたもの。デミグラスソースを煮詰めてチョコレート風に見せているところがポイントです。ハート形のハンバーグで愛情満点♪こんなにかわいくて、おいしいお弁当なら、ご主人にも喜んでもらえそうですよね!

・メンチカツは濃いめのソースとの相性が抜群!

濃いめのソースでご飯も進むメンチカツは、ご主人からのウケもいいはず。前日の晩御飯がメンチカツのときは、ぜひお弁当用に小さめサイズも作っておくといいでしょう。

出典:@ miho_food さん

こちらのお弁当は、フタが閉まらないほど大きなメンチカツが二つ入っていますね。白ごまもまぶしてあっておいしそう…♪メンチカツだけでなく、野菜やだし巻き卵も入っていて、バランスの取れたステキなお弁当です!

・チャーハン×肉は鉄板の満足コンビ!

時間のないときに便利なのが、チャーハンの一段弁当。チャーハンを嫌いという男性は、なかなかいないですよね。しっとりと油のきいたチャーハンは、仕事の合間のパワーチャージにぴったりです。

出典:@ miho_food さん

こちらのお弁当では、チャーハンの上に鶏肉をのせて、さらに満足感をアップ。チャーハンにはレンコンと明太子が入っているそうです。おいしそうですよね。冷蔵庫の中の残り物でササっと作られたそうですが、ご主人からの評判は上々だったそうです♪

■一段弁当でも「ボリューム」満点レシピ

短時間で食べられて、お腹いっぱいになるところが一段弁当のいいところ。作る側としては、ボリュームがあっておいしそうに見えるようなお弁当にしてあげたいですよね。

・ボリュームを出すなら牛丼がおすすめ!

出典:@ mako_bentoさん

男性の好きそうなボリューム満点の牛丼は、量だけでなく見た目も味も満足感たっぷり。トマトやレタスで彩りよく盛り付けられていて、フタを開けたときのわくわく感がありますよね。時間のない朝にも、オススメのお弁当です♪

・一段弁当におかずを詰め込めば宝石箱のような彩りに…♪

出典:@ ayumisha0104さん

一段弁当の中に、ギュッとおいしさを詰め込んだこちらのお弁当。彩りもよく、宝石箱のようです。鰆の西京焼きをメインに、卵焼きやホウレン草の胡麻和えなどの定番おかずがある一方で、焼き芋のシナモンかけなどの変わり種もあります♪

■作り置きで「彩り」ばっちり☆時短も節約も!

彩りよくお弁当を作りたいのなら、作り置きおかずがオススメ。「何品も作るのは大変そう…」という人も多いですが、具材をカットしておくだけでも、時短になります。ぜひチャレンジしてみましょう!

・食べ応えのあるおかずはお弁当で大活躍☆

出典:@ 11xayakax07さん

満足感のある根菜の煮物や歯ごたえのいいレンコン炒めなど、計8品を作り置きしたというこちらのママ。トマトのマリネは、カットして調味料に漬け込むだけでできるので、忙しいときのもう一品にもオススメです!

・調理一歩手前まで作り置きする時短テク☆

出典:@ naochiintoさん

こちらのママは、さまざまな具材を使いまわせるように準備する方法。下味をつけた肉やカット野菜なども一度に仕込み、料理時間を節約します。バタバタしがちな朝でも、具材が調理の一歩手前の段階まで準備できていれば、焦らなくて済みますね♪

・冷蔵庫の残り物も一気に調理してムダなし☆

出典:@ kaoringo___さん

こちらのママにかかれば、冷蔵庫の残りものも作り置きおかずに大変身!食べ応えのあるおかずがたくさん仕上がりました。
主菜となるハンバーグや餃子、栄養満点の野菜を使ったおかずをバランス良く、仕込んでおけば、弁当のおかずに悩むことも少なくなるでしょう。鮭やブリをほぐしておけば、振りかけにしたり、おかずの中に混ぜたりと応用の幅が広がります。

■毎日のお弁当だからこそ取り入れたい!定番おかずの節約テク

「お弁当を持たせているから、外食費の節約になっているはず!」と思いがちですが、毎日のお弁当のおかずにかかる出費もそこまで少なくはありません。そこで今回は、日々のお弁当作りで賢く食費を減らせる、節約レシピをご紹介しましょう!

・和食の定番!「きんぴらごぼう」

引用:mamagirl2018冬号

お弁当の定番おかずとして人気の「きんぴらごぼう」。しっかりとした和風の味付けは、少しの量でも満足感が得られるため、男性へのお弁当にもぴったりです。
節約ポイントとしては、ごぼうの他に、比較的安く手に入る舞茸などのキノコ類をたっぷりと入れるレシピがおすすめ。捨ててしまいがちなニンジンの皮もいっしょに炒めてしまえば、ムダがなくていいですね♪

・余った「きんぴらごぼう」は「つくね」に応用☆

引用:mamagirl2018冬号

残ったきんぴらに、鶏ひき肉、白すりごま、玉ねぎを混ぜ込み、調味料を混ぜて小判型にします。成形したものを弱火でじっくりと蒸し焼きすれば簡単つくねの完成。お弁当のおかずとして、きんぴらが何日も続くようであれば、こんなアレンジを加えてみてはいかがでしょうか?お弁当のマンネリ化を防ぐ使いまわしテク、ぜひお試しあれ☆

■満足感×ボリューム×彩りのあるお弁当でご主人に褒めてもらおう!

今回は、ご主人に褒めてもらえるお弁当として、満足感×ボリューム×彩りのあるお弁当をご紹介しました。どれも愛情たっぷりのステキな愛妻弁当でしたね♪最近、ご主人の反応がイマイチ…という人は、ぜひ参考にしてみてください!

kopei

2015年生まれのゴキゲンな息子のママです。自分に合った美白&保湿ケアを追求中。安くて優秀なコスメ探しが大好きです♡
【Instagram】pkboo000

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp