Baby&Kids

こだわり具合は兄弟姉妹で違うもの。個性を強みに変えよう

Vol.674【1日1成長お母さん】性格の違いは、ありのまま受け止めて個性を引き出そう

長所と短所は表裏一体。良し悪しではなくそのままの姿を受け止めましょう

ある姉妹の次女は、長女に比べてこだわりが強くありません。姉妹なのに、性格が真逆であることにお母さんは疑問を抱いています。こだわりの強い、弱いはどっちが良いとか悪いではありません。年齢的に見ると成長段階によってこだわりが強く表れることもあります。また、生まれながらにもっている気質によってこだわりが強い子もいれば、こだわりがそれほど強くない子もいます。

個性をお母さんが受け止めると、子どもは自分の才能に自信が持てます

子どもの個性は、あるがままに受け止めてあげましょう。どんな自分も受け止めてもらえるという安心感は子どもの自己肯定感を高めます。自己肯定感は、どんな自分も自分自身が肯定的に受けとめられる自尊心。子どもの個性を良し悪しで判断すると、子どもは自分の才能を発揮しにくくなります。兄弟姉妹で違いを感じたらそれはお母さんが子ども達をよく見ている証。立派な気づきです。比べず受け止めましょう。

気質は全部で9種類。どの気質が強く表れているかの違いなのです

子どもには生まれながらにして持つ気質があります。行動パターンから子どもの得意なことが見つかります。生まれ持った気質は基本的には変わらないのですが、環境や経験によって気質が変化したように見えることがあります。“こだわり”は固執性といわれる気質。固執性が強い子は、とことんこだわるため職人肌。こだわりながら考え繰り返す過程で、腕が磨かれます。だからといってこだわらない子は能力がないわけではありません。

こだわらない子は受容力があり寛容。人の意見を受け入れる柔軟性があります

こだわらない子というのは、比較的どんなことにも寛容です。どんな状況にも、柔軟に対処することができます。その力は臨機応変ともいえ、社会ではこの力が人間関係を円滑にします。専門性に富んだ人もいれば、場の環境を和やかにするのが得意な人もいます。兄弟姉妹間でもそれぞれの個性を認め合えると、力を合わせた時に壁を乗り越えるチーム力を発揮するでしょう。個性を認めると子ども達の自信にもなるのです。

今日の1日1成長

兄弟姉妹、性格の違いは気質によるもの。ありのままの姿を受け入れましょう
子どもの個性力も1成長、お母さんの容認力も1成長。
國枝愛実(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!