Baby&Kids

絵本を読む時間もない!そんな時は子どもの変化を言葉にしよう

vol.713【1日1成長お母さん】バタバタの毎日でも、子どもに愛を伝える方法があります

仕事と子育ての両立はとにかく時間がない。毎日バタバタで時間との勝負

お母さんは毎日とっても忙しいですよね。フルタイムで働いていたり、兄弟で別々の保育園に通わせていたり、シングルマザーであったり、事情はそれぞれ違っていても「時間が足りない」と感じている方は多いでしょう。夕方仕事が終わって保育園に子どもを迎えに行って家に着いたら、ソファでゆっくりするなんて夢のまた夢。なるべく時間のかからないご飯を作って、子どもをお風呂に入れて、明日に向けて寝るだけというバタバタの日々ですね。

毎日絵本を読んであげたい!理想とのギャップに後ろめたさを感じることも

理想の子育とはどんなものでしょう?子どもが話しかけてきたら手を止めてゆっくり聞く。毎日公園に連れて行ったり、絵本を読んであげたりする。料理は全部手作りで子どもが喜ぶようなかわいい盛り付けをする。素敵なお母さん像がたくさん出てきそうですね。でも現実はただ時間に追われているだけ、最低限のことしかしてあげられない、もしくは最低限のこともしてあげられていないのではと、後ろめたい気持ちを持っているかもしれません。

ちょっとした変化や何気ない行動を口にすることが、子どもの心を満たす

十分に時間を掛けてあげられないのであれば、短い時間でも子どもの心を満たす方法があります。それは“アクノリッジ”といって子どもの存在自体を認めてあげるものです。「お母さんはいつもあなたを見ているよ」「そのままのあなたで充分素晴らしい」という気持ちを伝えられます。アクノリッジの方法は、子どものちょっとした変化や何気ない行動を口にするだけです。

時間がなくても愛は伝えられる。お母さん姿を見て子どもは生き方を学べる

「髪の毛伸びてきたね」「保育園で着替えたのね。今日はお外でたくさん遊んだの?」など些細なことでも気付いたことを言葉にしてあげてください。「頑張ったこと、凄いことをした時じゃなくてもお母さんは私を気にかけてくれる」と子どもが感じて、お母さんの愛情はしっかり伝わります。ゆっくり時間を掛けるだけが理想の子育てではありません。忙しく働くお母さんだからこそ、子どもはお母さんの頑張りを見て生き方を学べるはずです。

今日の1日1成長

子どものちょっとした変化や気付いたことを言葉にして愛を伝えよう
子どもの成長力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!