Baby&Kids

4歳女子は感情的。イライラの理由を言葉にするサポートをしよう

vol.715【1日1成長お母さん】感情に気づかせてあげ、具体的な問題解決のアドバイスをしよう

4歳児はいろいろな感情を受け入れ、コントロールを覚えていく重要な時

4歳は自分のやりたいことをどうしたら実現できるか考え、工夫することができるようになる時期。この時期の子どもには葛藤もたくさんあります。やりたいけど、うまくいかない。やってみたいけど、やり方が分からない。時に受け入れてもらえない人間関係。わがままや生意気も不安な気持ちの現れです。自我を通すことでしか解決を知らない子は、自分の感情に気づいていないことも。4歳児は自分の中の複雑な感情と闘っているのです。

「嫌!」の裏にある、その子なりの気持ちに気づき可能なことは解決させよう

もうじき4歳になるRちゃん。保育園に行く時間「行きたくない!」と玄関に座り込みます。お母さんはイライラしそうな気持ちをこらえ「Rちゃん行きたくないんだねー」と優しく言葉を繰り返して待ちます。すると「服が嫌なの」とその奥にある気持ちが出てきました。それをまた受け止めてあげると「今日はピンクの服が着たかったの」と。「じゃあ、服を着替えていこうか?」Rちゃんは笑顔でうなずいて動き始めました。

見えない気持ちを言葉で表現するには、自分の感情を認識できることが大切

自分の主張が通らないと気がすまない4歳児、自我を通そうとするには理由があります。1つは感情を上手に言葉で表現できないこと。もう1つは解決策を自分で見いだせないこと。お母さんも丁寧な対応が大切になってきます。子どもの感情を受け止めてあげることで、さらにその奥の気持ちを言葉にしていけることも。なんで嫌なのか一度に言葉にならない子も、会話をするうちに気づき解決策にたどり着けることがあります。

自分の感情に気づけたら、その後の行動を具体的に提案してみよう

3歳で「やりたい!」ことに挑戦し、失敗は自分で責任を取る経験が自立につながります。その経験が少ないと、やってもらうことが多くなりがち。女の子は依存が強い傾向にあり、4歳でわがままに感じることも。 世の中は、自分の思い通りにならないこともあるとしっかり線を引きましょう。隠れた気持ちを言葉に引き出せるのは、お母さんの愛情です。まずは寄り添って子どもの言葉を繰り返すことから。お母さんの懐の中で越えていくことができます。

今日の1日1成長

気持ちを会話で受け止めながら、見えない気持ちの整理に寄り添おう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!