Baby&Kids

4歳女子は感情的。イライラの理由を言葉にするサポートをしよう

vol.715【1日1成長お母さん】感情に気づかせてあげ、具体的な問題解決のアドバイスをしよう

4歳児はいろいろな感情を受け入れ、コントロールを覚えていく重要な時

4歳は自分のやりたいことをどうしたら実現できるか考え、工夫することができるようになる時期。この時期の子どもには葛藤もたくさんあります。やりたいけど、うまくいかない。やってみたいけど、やり方が分からない。時に受け入れてもらえない人間関係。わがままや生意気も不安な気持ちの現れです。自我を通すことでしか解決を知らない子は、自分の感情に気づいていないことも。4歳児は自分の中の複雑な感情と闘っているのです。

「嫌!」の裏にある、その子なりの気持ちに気づき可能なことは解決させよう

もうじき4歳になるRちゃん。保育園に行く時間「行きたくない!」と玄関に座り込みます。お母さんはイライラしそうな気持ちをこらえ「Rちゃん行きたくないんだねー」と優しく言葉を繰り返して待ちます。すると「服が嫌なの」とその奥にある気持ちが出てきました。それをまた受け止めてあげると「今日はピンクの服が着たかったの」と。「じゃあ、服を着替えていこうか?」Rちゃんは笑顔でうなずいて動き始めました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]