Baby&Kids

オシャレキッズとは程遠い。おかしな洋服のセンスも認めてあげて

vol.723【1日1成長お母さん】「これ変よ」よりも「これが着たいのね」と認める言葉をかけよう

「子どもとオシャレを楽しみたい!」お母さんになった喜びを感じられる瞬間

子どもが生まれたら「可愛いお洋服を着させてあげたい」「子どもと一緒にオシャレを楽しみたい」と思うお母さんは多くいることでしょう。SNSでも親子コーデや大人顔負けのオシャレキッズの画像が毎日たくさん投稿されています。妊娠して性別が判明したら、すぐに生まれてくる赤ちゃんの洋服を買いに行きたくなったりもしますね。洋服を選んでいる時間は、お母さんになった喜びを感じる幸せな瞬間ともいえます。

3歳頃になると出てくるこだわり。夢のオシャレキッズとは程遠くなることも

もちろん赤ちゃんの頃は、毎日お母さんが選んだ洋服を着ます。それが3歳頃になるとだんだんこだわりが出てきて「これは着たくない!」とお母さんが選んだ洋服を拒否したり、「絶対これがいい!」と自分で選びたがるようになります。子どもが選ぶ洋服はお母さんと趣味がまるで合わなかったり、変な組み合わせだったり、夢見ていたオシャレキッズとはかけ離れたものになってしまうこともありますね。

3歳は自立へと向かう大切な時期。子どもの意見を大切にしてあげたい

子どもが選ぶおかしな洋服にお母さんは「それは変よ。こっちを着なさい」と言うこともあるかもしれません。確かに長年オシャレをしているお母さんが選んであげた洋服の方が、よっぽどセンスがあるでしょう。しかし3歳はひとりの人間として自立していくための大切な時期です。この時期に子どもの意見を無視してお母さんの言うことを押し付けてばかりいると、自分の意見を持てずに人に依存した子どもになる恐れもあります。

特別な日はオシャレをしたい!まずは子どもの意見を認める言葉かけをしよう

なるべく子どもの選ぶものを尊重しようと思っていても、特別なお出かけの日は子どものハチャメチャなコーディネートは避けたいというのが本音でしょう。そんな時はまず「これが着たいのね」と子どもの意見を認める言葉かけをしてください。そのうえで「今日はお出かけだからこっちの洋服はどう?」と提案します。最初から「その洋服はダメ!」と否定するよりも、子どもは聞く耳を持ってくれるはずです。

今日の1日1成長

子どもが洋服を選んだら「これが着たいのね」と認める声かけをしよう
子どもの自立力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!