Baby&Kids

言葉の蓄積は0歳児から。五感を育む言葉のシャワーをあびせよう

vol.727【1日1成長お母さん】形容詞で話しかけると気持ちや状況を説明できる子に育つ

赤ちゃんだから分からないではなく、赤ちゃんにこそたくさん話しかけよう

0歳児のお世話は大変。授乳・オムツ替え・寝かしつけのサイクルを延々とくりかえし、一体いつゆっくり眠れるのだろうと思うこともしばしばです。それでも我が子の笑顔を見れば同じように嬉しくなったり、抱っこやおんぶであやして楽しんだりということも多いでしょう。その時にぜひ実践して欲しいのが、赤ちゃんだから分からないと決めつけず、できるだけたくさんの形容詞で話しかけることです。

形容詞は物事を説明する言葉。周りの情報を集めるのにも役立ちます

形容詞とは物事の状態や様子を示す言葉です。暑い・寒い・美味しい・きれい・美しい・気持ちいい・うるさい・臭い・嬉しい・悲しいなどがそれに当たります。簡単な見分け方として“い”で終わる言葉は形容詞と覚えると良いでしょう。0歳児はお母さんの言葉を全て理解できるわけではありませんが、言葉は音として記憶と紐づいていきます。生まれて最初に発達する聴覚で、お母さんが与える情報をできる限り集めているのです。

0歳からの言葉の蓄積が、イヤイヤ期のしつこいぐずりを軽減します

形容詞を覚えると、おしゃべりができるようになる2歳頃に大きなメリットがあります。2歳ごろに始まるイヤイヤ期はお母さんの悩みも大きくなりがちです。このイヤイヤ期の大きな原因のひとつが、表現したい気持ちや説明したいことがあるのに、言葉を知らないために何と言えばいいのか分からない時です。形容詞は気持ちや状態を表す言葉なので、覚えておくと気持ちを言葉で説明できるようになり、イヤイヤの必要が減るのです。

体験と言葉を紐づけて五感の発達を促すと、優しさの基礎が育ちます

同時に、形容詞は五感を表す言葉でもあります。「風が気持ちいいね」「お花がきれいね」「音楽が楽しいわね」という風に、五感を刺激しながらどんどん話しかけましょう。お母さんの言葉がけに呼応するように、五感をいっぱい使って感じようとするでしょう。0歳は五感を通して感性を育む時期。豊かな感性は大きくなって人の気持ちを想像し、優しさを発揮する力に繋がっていきます。優しさの基礎を形容詞で育みましょう。

今日の1日1成長

0歳児にこそたくさん話しかけて、優しさの基礎となる五感を育もう
子どもの表現力も1成長、お母さんの友好力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!