Baby&Kids

これで算数が好きになる!「できた」という経験を積み重ねよう

vol.729【1日1成長お母さん】できないことに目を向けるより、できることを認めてあげよう

算数の基礎は絵本の動物や身の回りにあるものから楽しく学びましょう

保育園では絵本などから楽しく算数の基礎を学ぶことがあります。例えば動物などが行ったり来たりして「さて、何匹になるでしょう?」。そこで足し算、引き算の基礎が楽しく身に付いてきます。ところが充分に「楽しい」という経験を持てずに小学校に入学すると、苦手意識が働き「できない、分からない」と投げ出してしまう子どもがいます。小さな子どもを持つお母さんなら、一度は心配することではないでしょうか。

兄弟の成長は違うのが当たり前。得意なことと、苦手なことも違います

小学1年生になったR君。数字に関することが苦手で、お母さんは算数の授業についていけるかを心配しています。一方、お兄ちゃんは算数が得意です。保育園に通っていた頃から足し算や引き算を遊びのように解いていました。ですから、お母さんにとってR君が今の時期に数字に興味がないことが心配だったのです。加えてお兄ちゃんがR君に足し算の問題を出しますが、解けないので楽しくありません。

いきなり難しいことに挑戦させず、小さな成功を体験を積み重ねましょう

子どもはできないことばかりさせられると「楽しくない」という気持ちになってます。そしてやる気を失ってしまうことも。計算ができるようになることを急ぎ、解き方ばかりを教えると「やらされている」と捉えてしまうことがあります。そうなると算数に挑戦する気持ちさえなくなってしまう可能性も出てきます。やる気を継続させるためにはどんなに小さくてもいいので「できた」と思える経験をさせてあげることが大切です。

「できた」という経験があるからどんどん「好き、楽しい」になっていく

「1+1は?」簡単な問題でも解けたら何度でも「できたね」と認めてあげましょう。小さな「できた」という経験を積み重ねることで自信がついていきます。自信がつくと足し算や引き算が好きになるでしょう。答えを出す方法や考え方を教えるより、まずは「算数って楽しいんだ!」ということを教えてあげましょう。好きになること「解ける」という自信があることで、段々難しい問題にも挑戦し、解く努力をするようになるでしょう。

今日の1日1成長

小さな成功体験が子どものやる気を促します。できたことを認めてあげよう
子どもの自信力も1成長、お母さんの問題解決力も1成長。
さかきばらやすこ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!