Baby&Kids

お父さんと子どもが心の距離を縮める魔法の会話「髪切った?」

vol.738【1日1成長お母さん】一緒に過ごす時間が短くても心は通う!関心を示す言葉を掛けよう

子どもと一緒に過ごす時間が短くても大丈夫!心の距離が近くなる方法がある

朝は子どもが起きる前に仕事に出掛け、帰ってきたら子どもは寝てしまっている、単身赴任をしている、仕事の休みが平日のみ、子どもと一緒に過ごす時間が短いお父さんもいますね。「会える時間が短いからこそ!」と、子どもとコミュニケーションを取ろうとしても上手くいかないことがあります。でも大丈夫です。ちょっと声の掛け方を変えることで、子どもとの心の距離がぐっと近くなります。

子どもがそっけない返事をするのは、質問が唐突すぎて答えにくいから

お父さんは子どもとコミュニケーションを取ろうとして「最近幼稚園どう?」などと聞くかもしれません。すると子どもは「ふつう…」と答えるのみであまり会話が盛り上がらないなんてこともあります。子どもが「ふつう」「まあまあ」「別に」などと、そっけない返事をするのはお父さんとコミュニケーションを取りたくないからではありません。質問が唐突すぎて答えにくい、もしくは詮索されているような気持ちになるからです。

「髪切った?」特に意味のある言葉でなくても大丈夫。子どもに関心を示そう

なかなか会話をする時間がないお父さんが子どもと上手くコミュニケーションをとるコツは“子どもに関心を示すこと”です。そのためには何でも気付いたことを言葉にしてください。「今日は赤い服を着ているね」「髪切った?」「幼稚園までは歩いて行ってるの?自転車に乗せてもらってるの?」などです。特に意味のある言葉でなくても構いません。そして「赤い服着てかっこいいね」などと褒めなくてもいいのです。

心の距離が縮まるだけでなく、自分に自信を持てる子どもへと成長する

この一見意味のないような会話は子どもへの「いつも見ているよ」というメッセージになります。すると子どもは「凄いことや褒められるような行為をしていない時でも、お父さんは気にかけてくれている」と感じることができ、心の距離が縮まります。さらには「どんな自分でも大丈夫」と自分に自信を持つことができるようになります。それをよりどころに何にでも挑戦したり努力を惜しまないたくましさを身に付けてくれるでしょう。

今日の1日1成長

顔を合わせる時間が短いのなら子どもに関心を示す言葉掛けをしよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの伝達力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!