Baby&Kids

子どもの自立を育む3歳の年、お母さんも挑戦が始まります

vol.740【1日1成長お母さん】子どもの考え方、やり方をそのまま行動に移すサポートをしよう

危険なことでない限り、子どもの考えとやり方でやらせてみるお母さんの懐

何でも自分で決めたい3歳児、自立心を育てるスタートが「やってみたい」という意欲です。やってみたいという主張が、ぐずりや癇癪で現れることも。自分で決め、実行したい意志も自立の表われです。「やってみたい」という感情をお母さんがサポートして可能にしてあげましょう。自分の考えで挑戦したことは、責任の取り方を知るきっかけにもなります。自分のことは自分で、多くの選択肢を準備し出した答えに責任を持たせてあげましょう。

お母さん主導から子ども主導へ。まずは選択肢の中から選ぶことから

3歳のMちゃん、今日の朝も着ていく服を選びます。時間もないのでお母さんがチェックのワンピースと桃色のワンピースどちらにするか聞いています。待てずに「桃色にしよっか?」と促すとMちゃんが、しかめっ面になって「もう一度聞いてよ!私が選ぶから」と。自分で決めたいんですね。もう一度お母さんがどちらにするか聞くと、今度はすぐに答えて自分で服を着始めました。「ボタンも自分でするからね」と先手を打ってきます。

自分で“決めたい”“やりたい”にあふれる3歳児。よく成長してる証拠です

子どもが自分の考えや、やり方でやってみる体験をたくさん積ませてあげましょう。「やりたい!」の主張は社会に出るための、しっかりした土台ができてきた証拠。自分で生きていく小さな一歩です。子どもの意志を尊重すれば、物事がスムースにいくことも増えます。女の子は男の子に比べ自立の芽生えが早いですが、依存しやすい性質もあります。お母さんの指示通りに動くことを好む傾向があるため、過度の手伝いすぎに気を付けましょう。

失敗やできないことを経験した時に、ちゃんと解決方法を伝えてあげよう

自分で着ると言って服を着だしたら、始めは自分1人でうまく着れた!と思えるように、気づかれない程度の小さなフォローをします。次の段階に来たら、お母さんがその場を離れて任せることも大切です。自分でやると言った事ができなかった時、どういう対応を取っていくかを本人に考えさせるいいチャンスです。難しい時はお母さんが助けてあげましょう。その繰り返しがコミュニケーション能力へと繋がります。一緒に解決することが自信になり、さらなる挑戦ができる心が育っていくでしょう。

今日の1日1成長

お母さんが子どもの「やりたい!」に向かわせる挑戦をたくさん経験しよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!