Baby&Kids

イヤイヤ期を乗り切る方法!できたことを言葉にしてあげよう

vol.743【1日1成長お母さん】子どもに「できたね」「頑張ったね」と声を掛けてあげよう

2歳になるとできることが増える一方、育てにくさを感じる時期でもある

子どもは2歳になると、できることがたくさん増えてきます。お話が上手になってきたり、自分でご飯を食べられるようになったりしますね。運動面では、走ったりジャンプができるようになる子が多くいます。それまではまるでお母さんと一心同体のように生きていた子どもが、ひとりの人間として少しずつお母さんとの距離が開いてくる時期です。子どもの成長を頼もしく感じる反面、多くのお母さんが育てにくさを感じる時期でもあります。

“第一次反抗期”は知能の発達がメインとなっていく喜ばしい成長の時期

2歳といえば、お母さんが何を言ってもお返事は「イヤ」「違う!」ばかり。「素直だったのに急にどうしたのだろう?」とお母さんを悩ませることもあるでしょう。この時期は“第一次反抗期”“イヤイヤ期”ともいわれています。この言葉だけを聞くとマイナスのイメージを抱くお母さんが多いかもしれません。しかしそれまでの体の成長がメインだった時期から、知能の発達がメインの時期へと移り変わっていくという喜ばしい成長の証です。

自分でやりたい!そう思ってもできることとのギャップにイライラすることも

2歳の子どもは言うことが急に変わり、お母さんを戸惑わせることもあります。靴を「自分で履く!」と言うから待ってあげていたのに、片方履けたら「靴履くのイヤなの!」と叫んだりします。「そんなに怒るなら最初から『履かせて』って言えばいいじゃない」と思うかもしれません。しかしこの時期の子どもは、ただ移り気やわがままなのではありません。自分のやりたいこととできることのギャップでイライラすることがあるのです。

「ひとつ履けたね」「頑張って履いたね」できたことや努力を認めよう

“喜ばしい成長”と分かっていても「イヤ」を連発するなど、わがままに感じられる言動にはお母さんの方がイライラしてしまいますよね。そんな時にやってほしいことがあります。それは「ひとつ履けたね」とできたことを言葉にしてあげることです。すると“できない”に目がいきがちな子どもの心を満たします。さらに「頑張って履いたね」と努力を認める言葉を掛けてあげると「また頑張りたい」と子どもの活力へと繋がるでしょう。

今日の1日1成長

“できないこと”に目がいきがちな子どもに“できたこと”を伝えてあげよう
子どもの努力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!