Baby&Kids

1歳の子どもに手が掛かるのは、お母さんの育て方が良い証拠です

vol.678【1日1成長お母さん】「やめて」と言いたくなる行動をするのは好奇心が育っているから

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



「静かに遊んでいる」と思った時、だいたいやってほしくないことをしている

子どもは1歳になると、どんどん行動範囲が広がります。そうするとお母さんが「ダメよ」「やめなさい」などと注意をする機会が増えることでしょう。外に出れば石を口に入れてみたり、泥の水たまりに入ってバシャバシャと遊んだり。家の中ではティッシュペーパーを全部出してしまったり、窓ガラスを舐めていたり。「静かに遊んでいる」と思った時は、だいたいお母さんにとってやってほしくないことをしていますよね。

行動のひとつひとつが喜びに満ち溢れた行為であり、全てに意味がある

1歳はとても手の掛かる時期ですが、もちろん子どもはお母さんを困らせようと思っているわけではありません。お母さんが「やめて」と思う行動のひとつひとつが子どもにとって喜びに満ち溢れた行為であり、全てに意味があるのです。何でも口に入れるのは、安全性を確かめる本能的な行為であり、泥の水たまりで遊ぶのは、濡れる感覚や自分が動くことで水の色が変化したりする不思議を実験し、観察しているのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE