Baby&Kids

1歳の子どもに手が掛かるのは、お母さんの育て方が良い証拠です

vol.678【1日1成長お母さん】「やめて」と言いたくなる行動をするのは好奇心が育っているから

「静かに遊んでいる」と思った時、だいたいやってほしくないことをしている

子どもは1歳になると、どんどん行動範囲が広がります。そうするとお母さんが「ダメよ」「やめなさい」などと注意をする機会が増えることでしょう。外に出れば石を口に入れてみたり、泥の水たまりに入ってバシャバシャと遊んだり。家の中ではティッシュペーパーを全部出してしまったり、窓ガラスを舐めていたり。「静かに遊んでいる」と思った時は、だいたいお母さんにとってやってほしくないことをしていますよね。

行動のひとつひとつが喜びに満ち溢れた行為であり、全てに意味がある

1歳はとても手の掛かる時期ですが、もちろん子どもはお母さんを困らせようと思っているわけではありません。お母さんが「やめて」と思う行動のひとつひとつが子どもにとって喜びに満ち溢れた行為であり、全てに意味があるのです。何でも口に入れるのは、安全性を確かめる本能的な行為であり、泥の水たまりで遊ぶのは、濡れる感覚や自分が動くことで水の色が変化したりする不思議を実験し、観察しているのです。

困った行動をするのは、好奇心が育っていて色んなことに興味があるから

1歳の子どもがこのような行動をするのは、好奇心がしっかり育っている証拠です。好奇心は0歳から育ち始めます。お母さんとスキンシップをとったり、綺麗な色の花を見たり、素敵な音楽を聞いたりなど五感を刺激することで好奇心がグングン湧いてくるのです。好奇心がしっかり育っているからこそ「これは何?」「触るとどんな感じかな?」と色んな事に興味が湧き、結果的にお母さんからすると「やめて」と言いたくなる行動に繋がります。

「私の育て方が良かった」と自信を持って!可能な範囲で好きにさせよう

1歳の子どもに“良い子”を求めなくてもいいのです。「やめて」と言いたくなるような行動をした時は「ちゃんと好奇心が育っている。私の育て方が良かったのね」と自信を持ってください。この時期は永遠には続きません。子どもの喜びに満ちた行動を可能な範囲でやらせてあげてください。そうするとやる気に満ち溢れた子どもへと成長します。「汚い」「もったいない」と思うことも存分にさせてあげることで、早くこの時期を卒業できます。

今日の1日1成長

「やめて」と言いたくなる行為にも意味がある。なるべくやらせてあげよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの自信力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!