Baby&Kids

習い事でのアドバイスは、ダメ出しよりも認める言葉が効果的!

vol.689【1日1成長お母さん】まずは「頑張っているね」と子どもの努力を認める声掛けをしよう

習い事にはたくさんのメリットがある。貴重な学びや経験があふれています

お母さんは「好きなことを存分にさせてあげたい」「特技があれば自信がある子になるのでは」などと考え、子どもに習い事を始めさせることがありますね。習い事をすると、たくさんのメリットがあります。グループレッスンでは幼稚園や保育園以外の世界を知ることに加え、礼儀が身に付いたり、試合に負けて悔しい気持ちになったり、発表会で緊張感を味わったりなど貴重な学びや経験がたくさんできるでしょう。

やっぱり技術の向上も大事!お母さんがアドバイスをしたくなることも

たくさんの学びや経験ができるとはいえ、せっかく時間とお金をかけて習いに行っているのだから、技術の向上ももちろん大事と考えるお母さんも多いでしょう。すると子どもが上手くできていない場合や、あまり成長が感じられない時にどうしても気になってしまうことがあります。もちろん指導は先生やコーチに任せるものです。しかし子どもの技術向上を願い、お母さんがアドバイスをしたくなることがあるかもしれませんね。

アドバイスに否定はNG。まずは子どもを認める言葉を言ってあげよう

アドバイスの仕方によっては、お母さんが子どものためを思っていても逆効果になってしまうこともあります。それは「できてないよ。こうしたらもっと上手くいくのに」とか「違うよ。先生をよく見てごらん」というような言葉です。これらは最初に否定をする言葉を使っています。子どもは言葉で否定されると、とたんにやる気を失ってしまうのです。アドバイスするにはまず子どもを認める言葉を言ってあげると良いのです。

努力を認める言葉は子どものやる気に火をつける!アドバイスはその後から

お母さんに言ってほしいのは「頑張っているね」と子どもの努力を認める言葉や「今日は元気に踊っていたね」と子どもに興味を示す言葉などです。このような言葉を掛けてあげると子どもは嬉しくなり、やる気に火が付くでしょう。そのうえで「コーチの真似をしてシュートするともっと上手できるかもしれないね」などとお母さんがアドバイスを伝えると子どもは聞く耳を持ちやすくなり、技術の向上にも繋がるでしょう。

今日の1日1成長

子どもにアドバイスをするのなら、最初に努力を認める言葉を掛けよう
子どもの傾聴力も1成長、お母さんの伝達力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!