Baby&Kids

家族に「手伝って、お願い」と素直に言えるお母さんは素敵です

vol.692【1日1成長お母さん】生きることは一人で孤独になる事ではなく助け合うことなのです

言葉なしに期待するとストレス倍増。面倒でも伝える方が気持ちもスッキリ

休日は家族皆勢ぞろい。休みの日こそお母さんはフル稼働です。そこにきて、夫まで思いっきり休日モード。子どもの親としては同じ立ち位置にいるのだから、家にいる時くらい家事や育児手伝ってもらいたい。それなのに夫まで子どもと同じように、脱いだら脱ぎっぱなし、使ったら使いっぱなし。「手伝うどころか子どもが一人増えたみたい」と言います。実はそんな気持ちを上手に伝える方法があるのです。

相手を傷つけずに伝える実況中継。まずは本人にも感じてもらうことが大事

使ったら使いっぱなしの食器。脱いだらそのままの衣類。「また?」とうんざりするでしょう。「いつもそうなんだから!ちゃんと片付けてよね」と言う代わりに実況中継をしましょう。「食器使ったままだね」「脱いだ服そのままになっているね」まずは、現況を自覚してもらう事が大事です。いつも文句を言われてばかりいると慣れてしまいます。本人に気付きを与えましょう。そのために見たままの状態を言葉にするのです。

いつも片付かない理由は、使った物の帰る場所が特定されていないから

家族が過ごす家は、家族が安らげる環境であることも大切です。外から帰ってきて体を休める場所でもあるからです。それなのに苛々して、荒々しい口調で責めてはさらにストレスとなるでしょう。使ったものや脱いだものは特定の位置を用意します。
家族で生活する場所ですから、家族でルールを決めると良いでしょう。「脱いだ洋服はどうする?」「食器の片付けはいつ誰がしようか」など、自分たちで決めたことなら期待ができそうです。

私の気持ちを分かってほしい。相手に伝えるには、アイメッセージが効果的

本当に分かってもらいたい気持ちを伝えるのに効果的なのがアイメッセージです。“私は”こう思う、と自分を主語にする伝え方です。「疲れている所悪いけど、ちょっと手伝って貰えると嬉しい」「私も少し休みたいの」と伝えてみてはどうでしょう。お願いを聞いて貰えたら「とても助かったわ。ありがとう」と伝えれば相手も気持ちがよいものです。アイメッセージと「ありがとう」で気持ち良いコミュニケーションをとりましょう。

今日の1日1成長

してほしい事は実況中継。分かってほしい気持ちはアイメッセージを伝えよう
子どもの協調力も1成長、お母さんのコミュニケーション力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!